2016年06月10日

GREAT APES 森にすむ人々 写真展 前川貴行


前川貴之氏の写真展を見に行った

彼のヒグマの写真が好きだから・・・

アラスカの川を昇る鮭を待ち構え、滝の上で大きく口を開けて待ち構えている写真が好きだった。

その後も彼の「写真の学校」を読んだりして、
僕の写真の撮影の仕方について大きく影響を受けた人である。

昨年にはテレビ番組「情熱大陸」でも彼が出演されて今でもその番組を見直すことがある。




その情熱大陸でアフリカのゴリラを撮影されていたのだ。
そんなゴリラたちを撮影した写真展が札幌にてまだ雪舞い散る3月に開催された。続きを読む
posted by kage_laidback at 18:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

岩合光昭写真展〜「ねこ」

BSで放送されている「岩合光昭の世界ネコ歩き」
という番組をご存知だろうか。

動物写真家といっても最近はネコ写真家として知られる
岩合光昭さんが世界各地のネコたちを自らカメラを回して
撮影して歩くという番組だ。

ネコ好きには堪らない番組なんだけど
ネコ好きじゃなくても、可愛いネコたちに心を奪われてしまう
僕の場合は岩合さんの回しているカメラも気になるんだけど・・・・(笑)



続きを読む
posted by kage_laidback at 06:21| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

動画専用カメラ・・・Canon SX700HSを買った

最近動画の撮影が多い。
iPhoneでも動画は撮影できるのだがズームが苦手。

そこで色々と候補に入れていたのだが、
ビデオカメラでもないコンパクトなデジタルカメラで
高倍率のものを候補に考えていた。

高倍率で撮影してみたいもの・・・
月や動物たちなどだ。

そこでCanon SX700HSを買った

IMG_3720.jpg

本当はすでに8月に手に入れていて最近のYoutubeにアップしている
動画はほとんどこれで撮影している。

月を撮影してYoutubeにアップしたがこのカメラで撮影したものだ



続きを読む
posted by kage_laidback at 21:37| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

知床の色は「季の色(ときのいろ)」

なにかと写真展が開催されると足を運ぶ道立釧路芸術館

その芸術館で
「綿引幸造写真展〜季の色(ときのいろ)フィルムがとらえた大地」
が開催中なので行ってきた

IMG_3042.jpg

北海道を拠点に世界的に活躍された風景写真家「綿引幸造」
150点を超す北海道の風景や、イサムノグチ氏、安田侃氏の彫刻を主題とした風景等
が展示されている。

1970年代からの知床の風景
知床だけではなく様々な北海道の風景が凝縮された写真展だ

IMG_3043.jpg

特に印象に残った写真は雪のグラデーションがステキな写真。
写真ではなく絵画のような美しさだった。

続きを読む
posted by kage_laidback at 22:37| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

レッサーパンダはGoProに興味津々


釧路市動物園にいるシロクマやトラのココアも魅力的ではあるが
レッサーパンダも魅力的なのだ。

いつもはウロチョロウロチョロ動きまわっているレッサーパンダだが
実は好奇心おう盛な動物でもある。



続きを読む
posted by kage_laidback at 21:16| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

なんちゃって456を目指して・・・Canon EF 200mm F2.8 L

我慢できない・・・・

Canon EF 70-200 mm F4 Lでずっと撮影してきたが
その焦点距離に我慢ができなくなってきた。

冬に鶴居村へ行って丹頂鶴の撮影や、たまに札幌までに出かけて撮影する
J2弱小赤黒サッカーチームを撮影するのだが、もうちょっと焦点距離が長かったらいいなぁ
と思うことがあるのだ。

実際にその二つの撮影画像は





続きを読む
posted by kage_laidback at 06:25| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

フォーレンダム 釧路港入港

「夕焼けを見に行こう!」何気ない一言だった

空を見上げるたび晴れていると「今日は夕日&夕焼けが奇麗かな?」と思うのだ

釧路港へ行って夕日を撮影に行った。



港に入港している大型客船

それがオランダ船籍フォーレンダムの釧路港での入港だった。

釧路港中央埠頭〜その姿はミドルクラスのクルージング船ではあるが
優雅に停泊していた

17:00出港

真っ赤に染まる空を背景にその大型客船は出港していった


続きを読む
posted by kage_laidback at 09:31| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

長倉洋海と関野吉晴も対談 長倉洋海の「地を駆ける」写真展へ

実は今日までの写真展が開催されている
長倉洋海氏の「地を駆ける」

IMG_3394.jpg

先月の9月22日、その長倉洋海とグレートジャーニーの旅をしてきた
関野吉晴さんの対談が開催された。

IMG_3377.jpg

終始写真家長倉さんが関野さんに質問する形で、
お互いの小さい頃、アマゾンの話など面白おかしくこの二人は語ってくれた

関野氏も40年以上前に北海道をヒッチハイクして旅をして回った話から
旅の方法によって牧歌的な旅ができる」と
そして「その時には貧しい人が助けてくれる。持ち過ぎは良くない」とも

もちろん原発の話題も・・・・
「物が増え消費が増えることは幸福なのか?」という話から
150年前に比べて17倍も消費が増えたのに本当に我々は幸せになったのか?
という話にいたる。
自然に還るものを作らないと・・・チベットではカップ麺のあき容器であふれているとも
僕が印象に残った話は
人間は埋めてあるものを掘ってはいけない。それは神様が人間から隠しているのだ
というインディオの話

なんだかシンプルに生きなさいと色々と諭されているようだった

それぞれムービー等用意してきたみたいだが、本当にあっという間の2時間だった

この2人の話は本当におもしろかった

何度か対談されていたり、
実は「幸福論」という本まで出されている。




続きを読む
posted by kage_laidback at 09:39| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

君の名は・・・


近所の公園では、エゾリスの他にも野鳥がたくさんやってくる。

比較的多く見る鳥なら名前も覚えるのだが、
見たことのない鳥だと名前がわからないままだ

つい先日も珍しい鳥があらわれたので、カメラにおさめたが
鳥の名前がわからない

今日ようやく図書館でその鳥の名前を図鑑で確認してきた

Untitled

続きを読む
posted by kage_laidback at 21:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

羽ばたけ!

大きく羽を広げて・・・

_MG_0987




posted by kage_laidback at 20:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

遥かなる旅 〜 星野道夫展 〜

12月朝のNHKで星野道夫の写真展が北見で開催されていることを知った

早速北網圏北見文化センターのホームページを調べると
2月11日まで開催されているらしい。

しかも2月2日はあの星野直子さんの講演会も開催されるのだ。

僕が調べた時は先着100名でもうすでに定員で一杯だと思っていた。
しかしよくページを見てみると定員に達していないのでまだ講演会の参加募集をしていた。

確認のため思い切って北網圏北見文化センターに電話した。
空いている!往復はがきで申し込みをすればまだ間に合う。
2月2日は北見へ行こうと決めていたのだ。

そして2月2日

北見へ向った

続きを読む
posted by kage_laidback at 21:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

写真家 岡田昇

ヒグマの写真というとやはり星野道夫を思い出してしまうのだが
Twitterで星野道夫のことを呟いていたら@vivasol65さんから
「岡田昇さんの写真も良いから見てみて」ということで
amazonで「BEAR」という写真集を買った。

圧倒的なカムチャッカでのヒグマの姿が魅力的で一気にのめり込む。

IMG_0937.jpg

しかも冬の知床を主に活動していた写真家さんで
ウトロよりも羅臼の街を中心にしてどうやら撮影されていたようだ。

続きを読む
posted by kage_laidback at 16:54| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

大雪のあとの丸山公園へ

大雪のあとの中標津丸山公園へ行ってきた。
雪はゆうに50cmくらい積もっていて公園内は真っ白い世界
いつもは散歩で賑わう公園もひっそりとしている。

モフモフの雪の中を飛び跳ねるエゾリスくんを撮影できたらいいなと思っていた。

R1064043

残念ながらあまりにも大雪すぎたのかエゾリスくんの姿を見つけることができなかった。

それでも・・・続きを読む
posted by kage_laidback at 12:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

新兵器その2 〜「撃つ」ための道具〜

撃つための道具として
お古な強固なボディは手に入れた。

ただ銃身(レンズ)が重要だと思っていた。
数々の写真集で使っているレンズの種類を見ると「L」の文字
それは長くて一発で獲物を仕留めることができる銃身のように感じた。

銃身選びは悩んだ。しこたま悩んだ・・・

用は明るさと長さ、単焦点かズームか・・・

悩んだ結果・・・続きを読む
posted by kage_laidback at 22:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

新兵器その1 〜「撃つ」ための道具その1〜

「水曜どうでしょう」で南米コスタリカにて
世界一美しい鳥「ケツアール」を激写せよという企画があった。

600ミリの望遠レンズをつけ、シャッターを切ることを「撃つ」と
表現をするようになり、我が家もいつの日か鳥やリスを撮影する時は
「撃つ」と表現している。

撃つための道具としてPENTAX K20Dを今まで使っていたのだが
タムロンのレンズではどうもAFが迷うことが多く悩みの種だった。

嫁との約束で「ヒグマを撮影することができたら新しいカメラを買っていい」
ということでなんとか昨年ヒグマを撮影。

「撃つ」ための言わばボディを手に入れていたのだ。

それが・・・

続きを読む
posted by kage_laidback at 23:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

我が家の来年のカレンダー

今月号のBE-PALで星野道夫さんのカレンダーで満足していた。

ところが妻が習っている手話の会で妻の友人からカレンダーを
貰えることになった。

そのカレンダーの表はこんな感じだ

?? 1.JPG続きを読む
posted by kage_laidback at 23:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

北見にて星野道夫の写真展が開催中 〜 遥かなる旅 ー 星野道夫展 ー


何度、彼の写真を見てグイッと心臓を鷲掴みにされたのだろうか・・・
何度、彼の言葉を読んで魂を信じ自分の魂のままに生きるべきだと感じたことだろうか・・・
何度、彼の本を開いて人生は旅であり旅の途上だろうと気づかされたことだろうか・・・

彼の写真展に行ったのは2003年。今から10年も前のことだ。

デパートで開催されていて何もわからない小さな子供たちを連れて行った。

大きく引き延ばされた写真。アラスカの風景動物達に息を飲んだ。

そのころちょうど僕は根室にいて星野道夫がみたアラスカの風景と
僕が暮す道東の景色を何度も重ね合わせた。

そして僕が見る海の向こうにはアラスカの海に繋がっていて、
空を見上げるとアラスカのあの空の色に・・・

Untitled


続きを読む
posted by kage_laidback at 10:05| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

実は気になる気になる PENTAX K-5U

PENTAXのカメラが気になる

それは僕が初代RICHO GR使いであることと、PENTAX K20Dを
使っているからである。
今はPENRAX RICHOと統合されて社名が変更になっているが
そのマニアックなカメラ会社同士が統合したということなのであろう。
(マニアック=通好みという意味ね)

12月号のカメラ雑誌「CAPA」を立ち読みして、PENTAX K-5Uの特集があった。
しかも知床の自然を撮影したもの。

とても気になる一台なのだ。

PENTAX K-5Uのサイト
http://www.pentax.jp/japan/products/k-5-2/

PENTAXのカメラはAFが遅い(確かに遅い)とかマニアックとか言われるけど
色乗りや吐き出す画像は嫌いではない。

ただやはり動きものを多く撮影するようになってAFが遅くて致命的なときがあるのは確かだ。

それでもこのカメラが気になるのはやはり心の奥底に眠っているマニアック精神が
沸々と沸き起こるからなのであろう。

続きを読む
posted by kage_laidback at 18:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

エゾフクロウの住む森へ

フクロウ

不苦労と「苦労がない」という意味で縁起物として言われることもある。
我が家もフクロウ好きの人間がいるので、フクロウの置物が結構ある。

昨年偶然であったフクロウにメロメロになったので、
この冬も出会えたらいいなと思っていた。
色々調べてみると今の時期が一番フクロウに出会えるらしい

そしてエゾフクロウの森へ行ってみた。続きを読む
posted by kage_laidback at 21:10| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

ヒグマと人のクロスロード

最近知床に行くといたるところに
「エサやりがクマを殺す」

といった知床財団のメッセージが見られる。
それは一本のソーセージを観光客から与えられ、
それからというもの車を見るたびに出てきて人に慣れるクマ。
そのクマが市街地まで入り込み最後は射殺されてしまう。

そんな話は絵本にもなっていて「ヌプとカナ」といった絵本にもなっている。

それにしても僕はどうしてこんなにもヒグマに引き寄せられるのであろう・・・・

前回ヒグマにあったあの場所

一度出会えたらまた出会えるかもしれない・・・

まるで駅で見かけた一目惚れした女の子を捜すように
僕はその場所に再びいた。

続きを読む
posted by kage_laidback at 22:02| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする