2014年02月07日

パリ・ダカール・ラリー 10年の歴史と記録

パリ・ダカールラリーの創始者。故・ティエリー・サビーネの言葉に

「私にできるのは、“冒険の扉”を示すこと。
扉の向こうには、危険が待っている。扉を開くのは君だ。望むなら連れて行こう」

というのがある。

第1回より連続出場パリダカールの歴史とともにまさに冒険の扉を指し示してくれた男である。

そんな熱い男たち(女たち)の過酷なレースと言えばこのパリダカールラリーであろう。

年末になるとテレビでその模様が放送される。
砂漠の中を失踪する車やバイクそしてクラッシュシーンが目に焼き付いている。

今でもYoutubeで探すとそのテレビ放送が見られる



続きを読む
posted by kage_laidback at 10:52| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

あの連載が早速本に!新谷暁生「北の山河抄」

出る!出る!とは言われていたけど、ようやく出た〜

新谷暁生の「北の山河抄」

この本は「岳人」にて連載されていたもので
僕は毎月楽しみにしていた連載だった。

その内容は登山以外の内容もあった。

ついにその連載が書籍化され、
ようやく届いてジックリ読んでいる。

1381639_564345473614421_1684627334_n.jpg


続きを読む
posted by kage_laidback at 09:23| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

Patagonia(パタゴニア)の「過去を知り」「今を知り」「未来を知る」 coyoteは「今こそパタゴニア」特集

Coyote NO.49 が届いた

写真が素晴らしい。
写真が素晴らしいなと思ってフォトグラファーを見たら佐藤秀明氏だった。

これほどまでにイヴォン・シュイナードに焦点を当てて
パタゴニアについて書かれた雑誌はないだろう。

ジェフベックのアルバムを思い出させる、
油で汚れた手の表紙の雑誌

BVfnz79CQAAhooH.jpg

シュイナード・イクイップメントから「パタゴニア」として
うまれて40年。まさに僕と同じ歳。

イヴォンが何を考え「パタゴニア」の「過去を現在を未来」を語っている
続きを読む
posted by kage_laidback at 10:28| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

写真集としての魅力をあわせもった FALL LINE 2014

注文していた「FALL LINE 2014」が届く

コアなパウダースノーファンにはおなじみの雑誌で
今年も様々なローカルな話題をふくんだ読み応えがある

「読み応え」と書いたが、実はこの雑誌の魅力は写真だと思う
真っ白い雪のキャンパスに描かれる一本のなめらかな線。

イラストレーターのペジュ曲線のように雪山に描いていく。

その美しさは僕を魅了してやまないのだ。

写真.JPG


続きを読む
posted by kage_laidback at 12:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

久しぶりに買ってみた。BE-PAL10月号

何ヶ月ぶりだろうか・・・BE-PALを買うのは・・・

IMG_2096.jpg

最近アウトドア雑誌はGEAR(ギア)特集じゃないと買う気がおきない

といっても最新GEARを買えるわけじゃなく、買ったとしてもそのGEARを
使える状況じゃないというのが本音だ。


それでもやはり最新GEARは気になっちゃうわけで
やはり潤兄貴が取材した「アウトドア・リテイラー・サマー・マーケット」
の記事が楽しみだったのだ

続きを読む
posted by kage_laidback at 13:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

ちょこっとだけ復活!?OUTDOOR EQUIPMENT 新創刊「HUNT」は大人の香りが漂う?

OUTDOOR EQUIPMENT(アウトドアイクイップメント)が復活なんて
話を書くとちょっと嬉しくなる。

ネコ・パブリッシングから新創刊の「HUNT」

IMG_2082s.jpg

巻末収録にはあの「OUTDOOR EQUIPMENT(アウトドアイクイップメント)」が
復活してちょこっと読める。

IMG_2075s.jpg

なぜならこの新創刊の雑誌にはOUTDOOR EQUIPMENTの2代目編集長の
野上真一氏が編集長を務めているのだ。




続きを読む
posted by kage_laidback at 09:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

森へ、森の中へ OFF SEASON magazin

森を感じる生活に憧れがある。
森の中に家を建てて暮したいと思っている。

今の生活はとてもその森を感じることはできず、
無機質なコンクリートの町並みと、行き交う車の騒音、舗装された道路
地に足の着いた生活とはとても言えない。

この時期には何度も知床の森へ足を運んでいるはずなのに今はその森も遠い。

そんな中ちょっくら札幌に行く用事があって
手に入れたのがOFF SEASON magazine http://www.offseason.jp
patagonia札幌南さんで貰ってきたのだ。

続きを読む
posted by kage_laidback at 08:30| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

フィールドライフ夏号が届く

フィールドライフ夏号が我が家の郵便受けに入っていた。
4月に釧路に引越してやったことはこのフィールドライフの送付先住所の変更だった
今回夏号がちゃんと届いたことでちょっと安心している

ツイッターのタイムラインでは夏号を手に入れた!というツイートを読んでいたので
何度我が家の郵便受けを覗き込んでも入っていない。
ちゃんと住所変更されているんだろうか?
と心配になったりならなかったり・・・・

IMG_1509.jpg

続きを読む
posted by kage_laidback at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

ヨセミテの風を感じて

岩場に座り込み額にたくさんのシワをつくりカメラのレンズをサングラス越しに見つめる男。
そして今までの岩場との格闘を物語っている白黒の1枚の写真。

この写真は過去に買おうと思っていた写真集の表紙だった
1960年代のヨセミテに集まるクライマー達を撮影した写真集だ。

そんな一人の男が表紙を飾る雑誌・・・・
雑誌というよりはニュースペーパーに近い
「OFF SEASON」という読み物を手に入れた。
http://www.offseason.jp

IMG_1497.JPG続きを読む
posted by kage_laidback at 10:26| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

「ほ」っとする味を目指して・・・ホットサンドならぬ「ホッタサンド」レシピ本

僕が家で作る料理は2つある

一つはパスタ。もう一品はホットサンド
仕事が休みで気合いの入った朝はこたつのテーブルの上で
カセットガスコンロとバウルーのホットサンドメーカーを用意して
食パン&チーズ&ベーコンでオーソドックスなホットサンドを作る

そしてキャンプの朝はこのバウルーのホットサンドメーカーで
餅&ベーコンを焼き醤油をたらして食べるが最近の僕のキャンプの朝食

こんな自由な調理器具なのに僕のバウルーのホットサンドメーカーは
2種類の羽しか持っていない・・・

何やらネットの向こうではもっと自由の翼が手に入る本が発売されたと聞いた

あの法螺吹きならぬ「ホットサンドの伝道師」がホットサンドのレシピ本が
発売されたと聞いたのだ。

こりゃやはり勝手に法螺吹き男爵を師匠と思っている僕は
手に入れなきゃならんと思いネットでポチポチと買ったのだ

簡単に言えばお布施だ (笑)

続きを読む
posted by kage_laidback at 19:07| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

別冊 GO OUT CAMP GEAR BOOK Vol.2

別冊 GO OUT CAMP GEAR BOOK Vol1もなんとなく本屋で見つけて
よくて買ってしまった

最新のGEARも良いがやはりちょっと古くて不器用なGEARに憧れをもつ。
存在感のあるGEAR

こういった本を眺めているとそういったGEARに出会えることがある

続きを読む
posted by kage_laidback at 20:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

動物を撮る!(写真の学校)

動物写真家前川貴行氏が動物写真のイロハについて書いた本だ。

身近なペットからアラスカの野生動物まで基本的なことから
マニアックなテクニックなことまで野生動物に興味がある人に向けて書かれた本である。

カラー写真も数多く載っており一気に読める内容。

??-14.JPG続きを読む
posted by kage_laidback at 23:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

フィールドライフ冬号 届く

早くも冬の便りが届いた。フィールドライフ冬号だ

大晦日の一日前だというのに外は雨の音・・・
明日の朝はシバレれば間違いなく、道路はスケートリンク
一体どうなっちまってんだ!この天気!

それなのにフィールドライフ冬号ではジュン兄貴が白い雪山で
ニコニコというよりはガッツリと「ガハハ!!!!」とこちらまで
笑い声が聞こえるようだ。

しかも十勝岳の白銀荘前のキャンプ場での雪中キャンプ

羨ましい!!!!

続きを読む
posted by kage_laidback at 22:00| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

Bear World クマたちの世界 〜


知床で生態系のピラミッドの頂点に君臨するヒグマ
北極海で温暖化の恐怖に怯えながら暮すホッキョクグマ

そんなクマ達は世界中に5属7種類だという

僕がこんなにクマの魅力に引きつけられるのは
やはり会いたくてもなかなか会えないという魅力と
時より見せる愛くるしい表情だったりするのだ。

今年は何度も知床に通いヒグマを探した。
そしてついに野生のヒグマを見て、僕は感動よりも恐怖が先に走った。
動物園などで管理されているクマではなく野生のヒグマと人間の1対1の関係
その僕が感じた恐怖はやはり野生のヒグマが持つ独特のパワーなのだろうと思う。

そんなクマに魅せられた僕はクマ達の写真を買った。



続きを読む
posted by kage_laidback at 22:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

今月号のBE-PALは星野道夫の特集


今月号のBE-PAL

特集は「冬のアウトドア遊び」

僕の場合はスキーだが今年の冬は
あの白滝に住むアウトライダーな方に美味しいチーズを持って行こうと
あのモイワに住むロッジのオーナーに美味しい日本酒を持って行こうと
あのスキー場のマネージャーの方にに美味しいウィスキーを持って行こうと
考えている。

そんな特集の小特集が星野道夫じゃないか!

続きを読む
posted by kage_laidback at 17:52| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

復活!「遊歩大全」

「遊歩大全」といえば、コリン・フレッチャー「Complete Walker」を芦沢一洋氏が
翻訳をした本だ。

芦沢一洋氏が日本に米国のアウトドア・カルチャーを輸入した張本人ともいえる。

アウトドアに興味を持ってこの本をヤフオクなどで探した時にとんでもない
プレミア価格で販売され手が出なかった。

仕方がないので原書をそのまま購入。
もちろん語学力英語力0の僕は単純な単語を読み取るだけでイラストを眺めるだけで
満足していたのだった。

IMG_0711.jpg

続きを読む
posted by kage_laidback at 09:14| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

こんな暮らしがしてみたい。森の暮らし〜田淵義雄

昔、Be-Palで田淵義雄の「森の暮らし」という連載があった。
八ヶ岳の麓に暮す田淵義雄氏の森暮らしの本だった。
家具を自分の手で作り、僕にカントリーライフとはこういうものであると教えてくれた。
そしてソローを愛しシンプルに生きる術を様々文章で僕に語ってくれた。

クロワッサン・・・パンの話じゃない

雑誌「クロワッサン」の話
多分女性がこの本を書店で手に取る人は多いはずだ。

僕はこういった本も好きで嫁の買い物に付き合いながら
スーパーでちょいと立ち読み。

今日もそのクロワッサンを手に取って読んでいたのだ。

IMG_0712.JPG

続きを読む
posted by kage_laidback at 21:29| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

ヒグマ関連の本を購入

図書館で見つけて気になった本がある
それがヒグマ関連の本だ。

星野道夫のクマの写真も良いが、
北海道に暮していてヒグマの生態について詳しく書かれている本を
読んでみたかったからだ。

図書館で読んで面白かったのでやはり手元においておきたくなる。

それは本好きなのかそれとも収集好きなのかは僕自身も分からないが
こういったマニアックな本が古本屋で探さずにアマゾンでサクサクと調べられ
しかも格安で手に入れられるのはいい時代になったものだと思う。

続きを読む
posted by kage_laidback at 11:50| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

PEAKS 11月号

PEAKS 11月号はウエア特集だ。

冬のマウンテンウエアの特集なのだがあれもこれも目移りするウエアばかりだ。

続きを読む
posted by kage_laidback at 14:45| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

MOUNTAIN GEAR BOOK


表紙が素晴らしい
表紙のデザインが素晴らしい。シンプルな英字のフォントにジャケット
ページを開かなくてもなんとなく中身を期待してしまう。

そして扉を開けると8名の「My Favorites」
ホーボージュン・森山伸也・村石太郎・小雀陣二・堀田貴之・近藤謙司・シェルパ斉藤・高橋庄太郎

アウトドア雑誌でお目にかかる名前ばかりが勢揃い!

3品ずつそれぞれの「お気に入り」が紹介されている。

もうそれだけでこの本にノメリコメル内容だ。

続きを読む
posted by kage_laidback at 06:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。