2016年05月22日

【PEAKS特別編集】愛しの山道具 

GEAR本が大好きだ。

特に人が使っている道具を見るのが大好きで
あの人はこんなものを使っているとか、あのブランドなんだとか
密かに真似するために読んでいると言ってもいい。

実際にこの本に登場する人に出会ってGEARを見せてもらったこともあるが、
実際にはこの本には納まりきれないほどの「愛しの山道具」があるはずだ。

本屋で何度も立ち読みをしていたけどやはり買っちゃった・・・

こういうGEAR本が大好きだ!山登りに行きたい!堀田さんのグランテトラの紹介文は堀田さんらしい風刺の効いたコラムで好きなんだよね。本屋で立ち読みしたけどやはり欲しくて買っちゃったよ。

#outdoor



続きを読む
posted by kage_laidback at 19:49| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

【山ガールって呼ばないで】マンガ「山と食欲と私」

『山ガールと呼ばないで「単独登山女子」』

冒頭からこんなセリフではじまるマンガ

今まで読んできた「ゆるかわ」のマンガとは違い
表紙からサッポロビール片手に、ワンバーナーでクッキング!

まさしく単独登山女子だ!

続きを読む
posted by kage_laidback at 08:05| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

【 犬だって 】BRUTUS ブルータス 

最近は猫ブームだという
CMを見ても「ニャンキュッパ」の猫が登場したり
少し前では「ズザー」UQ Wimaxのにゃんこ「まる」が記憶に新しい



そんななか今月号のBRUTUSはなんと犬特集
「犬だって」そのあとに続く言葉はもちろん「可愛い」だと思う

猫に負けてられない可愛さがある

近所の本屋では売っていなかったのでネットで注文した

続きを読む
posted by kage_laidback at 18:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

【 忘れかけてた思い 】クマと旅をする 前 川 貴 行


前川貴行氏の写真が好きだ。

彼の写真を見たのは「動物を撮る〜写真の学校」という本で
彼の撮影する熊の姿に感動を覚えた。

彼の本に出会ったからこそ釧路市動物園でシロクマの撮影にはまったと言ってもいい

それからアラスカの熊を撮影したり「bear World」という写真集を買い
いつかはカナダで彼のような写真を撮影したいと思った。
そんな彼が「情熱大陸」に出演した番組は何度も見ている。

彼の新作が出ると彼のフェイスブックで知ってようやく購入した。続きを読む
posted by kage_laidback at 19:04| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

【 雪山を旅する 】PEAKS特別編集 WHITE MOUNTAIN


「雪山を旅する」そんな言葉に釣られて買った

IMG_5053.JPG

「旅する」そんな言葉を聞くとワクワクする。
お客様からのクレームの電話を受け精神的にボロボロになっている現実世界とは違い、
誌面を開くと一面の白・シロ・しろの世界がl広がっていた。

続きを読む
posted by kage_laidback at 18:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

【 b*p 】6年ぶりに復活! Be-Pal増刊 【 ビーパル 】

いつものビーパルとは違う切り口の紙面
どちらかというと「旅」に焦点をあてた紙面づくりの雑誌だった。
いつの間にか発売されなくなりその名前も忘れかけられていた

そんな雑誌がつい最近また復刊された。

image1 (1).JPG


続きを読む
posted by kage_laidback at 21:15| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

こいっちが好きそうな「ゆるカワ」キャンプ漫画「ゆるキャン△」

漫画は嫌いじゃない。
「萌え〜」とか嫌いじゃないけど決してロリコンじゃない(笑)

この漫画本もアマゾンで見つけた時にまあブログのネタとして
買ってみようと思って買ってしまった。ポイントもあるし・・・

ゆるキャン!



続きを読む
posted by kage_laidback at 21:21| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

Fall Line 特別編集 Patagonia book


「アオイソラとシロイユキ」

毎年魅力的な写真で「滑る」ことの楽しさを教えてくれるこのFall Line
この特別編集号は「パタゴニア」にスポットを当てて編集された内容となっている

それは「装備」や「ウェア」だけではなく
パタゴニアらしい「滑る」ということに対するシンプルな意味を教えてくれている

そしてパタゴニア本社をFall line 編集長寺倉 力さん(@cterakura)が訪ね
マーケティング・デザイナー・テスター・カタログデザイナーと
様々なアーティストにインタビュー。
その記事も読み応えが十分!

またパタゴニア アンバサダーたちの装備選びとそのウェアーたち
アンバサダーらしくシンプルなギア&ウェアー選びをしている。

CRqYRVfVAAAy8Ei.jpg

続きを読む
posted by kage_laidback at 07:10| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

2015 WILDERNESS NO.5 〜「LOST IN THE WILD」これは人生を迷って生きている人々への応援

「順風満帆」

人生も大きく帆をはった船で風を大きく受けて海の上を
スイスイと進むことができたらどれだけ楽なんだろうか・・・
人は誰でもそんなことを思ってきっと生きている。

でも実際にその航海は後悔の連続で、高波の中逆風を受け必死になって
船を操り操縦している。目的地もゴールもわからないまま。

そんな男の話がこの発売された「WILDRNNESS」の最終ページに収録されている。

「LOST IN THE WILD」
ホーボージュンさんの思いが2万字という形でここに存在していた。

その文章に「ガツン」とやられてしまった・・・・

IMG_4580.jpg



続きを読む
posted by kage_laidback at 10:19| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

「ホシガラス」たちの山道具

「一生ものの」

僕はその言葉に弱い。
「一生ものの」とか「傑作」なんていう
タイトルのアウトドアのギアの本を見つけては買ってしまうのだ。

モノマガジンで掲載されている「実戦主義アウトドア道具学」の
ホーボージュンさんの連載も好きなんだけど・・・

アウトドアで過ごす時間も好きなのだが、
「この道具たちを持ってどこに行こう!」
そう考えるだけでワクワクしてしまうのだ。

それでも過去のようにあれもこれもと道具に執着はなくなってきたように感じる。

一生ものの、山道具」という本は山好きな編集者さんたちが結成した
「ホシガラス」という会で、
そのメンバーには料理家山戸ユカさんや、写真家野川かさねさんなど
よく雑誌などで見る名前が連なる。

どちらかというと「ランドネ女子」(あえて山好きな女の子をここではこう呼んでいるけど)向けのアウトドアのギアの本だ。

IMG_4144.JPG続きを読む
posted by kage_laidback at 16:15| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

フィールドライフ 冬号 No.46 届く

年前に郵便受けに入っていたのだが、
年末年始のあまりの激務に本を読むすら時間がなく
ようやくこうしてじっくりと読むことができる。

今号の中身は冬山の魅力と、暖かいウェアがいっぱい紹介されている

IMG_3851.JPG

続きを読む
posted by kage_laidback at 18:37| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

POPEYE流「The Complete Walker」

今月号のPOPEYEは遊歩大全特集だった

コリンフレッチャーの「The Complete Walker」を
芦沢一洋氏が「遊歩大全」として発売し、
バックパックの伝説のバイブルとして読まれてきた

初期の「遊歩大全」は古本でもかなりのプレミアがついて発売されていて
ようやく2012年に文庫本として再販された。

その背景には再び「歩く旅」が見直されてきているのだろうと思う。

そんなPOPEYEがこの「The Complete Walker」を特集した本が発売された

シティーボーイ(というのも何だか古臭いが・・・)が読む雑誌ではあるが
僕みたいなメタボなオッサンも手に入れ読んでみたのだった

IMG_3708.JPG

続きを読む
posted by kage_laidback at 11:49| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

PEAKS 2014 No.60 ホーボージュンのWORN WEAR ストーリー

北海道も一気に秋から冬の模様。
そろそろ平地でも初雪の便りが聞かれる頃

肌寒くなってくるとやはり暖かい衣に身を纏いたくなる

そんな特集が今月号の「PEAKS 11月号」だ

マウテンウェアカタログとあってこの冬オススメの
ウェアをレイヤリングができるように紹介してある。

アウターからインナーへ。そしてパンツ・アクセサリーと

カタログ好きな僕としては見ていて楽しい特集だ。

IMG_3640.jpg


続きを読む
posted by kage_laidback at 07:54| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

荒野へ 「WILDERNESS」発売

今回で3号目のこのムックも
いつも通りの様々な旅の提案をしてくれている

表紙からやられてしまった。
普通はこういった構図で撮影することはなかなかないから。
焚き火をする男が本当の自分か・・・・
それとも水面に映る虚像の姿が本当に自分なのだろうか・・・

特集の「心揺さぶる風景へ」は
ノルウェー・インド・カナダ・アラスカを旅している

遠藤昇さんの【ケモノ道】がアウトドアイクイップメントを
そして「SORA」を思い出してくれる

ホーボージュンさんはイエローストーンを歩き旅について考えそして語っている

読み応えがある!そして荒野へ!


続きを読む
posted by kage_laidback at 08:03| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

フィールドライフ 秋号 届く

いつも思う。
こんなに自由に旅を続けられたらいいな・・・と
背中に翼が生えているかのように・・・

しかも今回はコイントスでの行き先を決める旅

まるで「いきあたりばっ旅」
これでは別な斉藤になってしまうが・・・・ (笑)

この人は本当に旅の仕方を知っている旅人なんだとあらためて思う。

hobo junという男は・・・・


IMG_3549.JPG続きを読む
posted by kage_laidback at 09:13| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

coyote 10周年記念号は「アラスカの星野道夫の暮らし」特集

知床のヒグマに思いをは寄せるのも、
動物園のシロクマが好きなのもの、
彼がいたからだと思う。

彼の言葉一つ一つが僕に気づきを与え、
少なからずとも僕の心の羅針盤を「北へ」と導くのは間違いなく
彼の言葉であり写真であった

僕は未だにアラスカそして星野道夫という磁石に導かれている・・・

真っ暗闇の中歩く僕の歩く先を指し示してくれているのだ。

そんな星野道夫の言葉が詰まった雑誌が発売された。
10周年を迎えた旅雑誌coyoteだ。

このcoyoteという雑誌。
知ったのは確か20代の頃年下の女の子からだった。
「良い雑誌があるから読んでみてくださいよ」
旅行会社に勤めていた彼女は僕にこの雑誌をススメテくれたのを思い出した。
その当時の僕は彼女の言葉より彼女のことが気になってそんなことも忘れていたんだっけ (笑)
続きを読む
posted by kage_laidback at 06:45| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

「ソトごはん」我が家はウチごはん・・・・「ソトごはんレシピ(小雀陣二)」 

キャンプ&アウトドアの特別編集として
チュンさんの料理のレシピ本が発売された。

下火・上火を使った本格的なダッチオーブンを使った料理から
スキッレットの簡単お手軽料理までアウトドアで楽しめる
様々なアウトドア料理が載っている。

キャンプで様々な料理を作ることをこの本は教えてくれる

続きを読む
posted by kage_laidback at 18:02| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

フィールドライフ 2014夏号 届く!

twitterで「フィールドライフ夏号」を手に入れた!
というツイートを読んで我が家にもそろそろ届く頃だなと思っていた。

しかし郵便受けには入っていない・・・おかしいな?と
思っていて嫁にその話をしたら簡単に「届いているよ!」だって・・・

そしてガサガサと部屋の奥から引っ張りだしてきた・・・・
「おいおい届いているなら机の上に置いておくれよ〜!」と
思ったが、バリバリと袋を破り読みはじめたらそんなことは
どうでもよくなってしまった。

IMG_3269.jpg

続きを読む
posted by kage_laidback at 13:47| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

HUNT 04 大人の山遊び

この本のイメージはちょっと落ち着いた大人のアウトドアという
感じだろうか・・・

編集長がアウトドアイクイップメントの二代目編集長の野上さんで
初代編集長の遠藤さんとはちと違った誌面作りをおこなっていたイメージがある

「アウトドア」といってもその定義が様々だ。
山に登ることキャンプをすることもアウトドアではあるが、

庭をいじり、道具を作り、野外に身をおくこと、そして「道具を愛でること」

をこの雑誌は教えてくれる

今回で4号目だがやはりこの路線が受けているのだろう。
そして田渕義雄氏の森の暮らし・・・

写真.JPG


続きを読む
posted by kage_laidback at 08:32| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

パリ・ダカール・ラリー 10年の歴史と記録

パリ・ダカールラリーの創始者。故・ティエリー・サビーネの言葉に

「私にできるのは、“冒険の扉”を示すこと。
扉の向こうには、危険が待っている。扉を開くのは君だ。望むなら連れて行こう」

というのがある。

第1回より連続出場パリダカールの歴史とともにまさに冒険の扉を指し示してくれた男である。

そんな熱い男たち(女たち)の過酷なレースと言えばこのパリダカールラリーであろう。

年末になるとテレビでその模様が放送される。
砂漠の中を失踪する車やバイクそしてクラッシュシーンが目に焼き付いている。

今でもYoutubeで探すとそのテレビ放送が見られる



続きを読む
posted by kage_laidback at 10:52| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする