2016年03月05日

【 SNOW GEAR 】無敵艦隊をゲット!ARMADA JJ2.0


「ARMADA」スペインの無敵艦隊のことをいうらしい

艦隊ものというと娘たちがはまっている「艦これ」の話ではなく
スキー板の話。

前回のエントリーで「欲しい!欲しい!」と騒いでいた板だ。

まさに無敵艦隊の名前にふさわしい板

ARAMADA JJ 2.0 だ!

続きを読む
posted by kage_laidback at 19:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

【 備えあれば 】アバラチアンビーコン PIEPS フリーライド

「備えあれば憂いなし」
普段から準備をしておけば、
いざというとき何も心配がないということという意味

必要な道具
それはバックカントリーを滑るための3種の神器として
「スコップ・プローブ・ビーコン」とよく言われている。

本当は今年はニセコのバックカントリーにチャレンジしようと思って
ようやくビーコンを買った。

それが「PIEPS フリーライド」

NEW GEAR!

#pieps
#gear 
#skigear 
#outdoorgear


続きを読む
posted by kage_laidback at 19:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

【 SKI GEAR 】アタマを守れ!ヘルメットオジサン! 【 K2 PHAMGIC 】

僕が小学生の頃は、
スキー場でヘルメットを被ってスキーをしている人なんていなかった。

多分オリンピックの大回転競技などで競っているプロの人ばかり・・・

ここ数年人々の安全意識が高くなったのか
ゲレンデでもヘルメットを被りアタマを保護している人を多く見かけるようになった。

数年前訪れたニセコでも外人さんのヘルメット着用率は高く
バックカントリーへの意識への向上が、我々にも「アタマをマモル」ということに
敏感になってきたのだろう。


続きを読む
posted by kage_laidback at 19:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

ぼくの道具 〜 石川直樹

道具は語らないがそれぞれの物語がある

今まで使ってきた道具だからこそ愛着が湧き思い出がある。
手に入れるまでの過程や、過酷な状況で使ってきた道具、
思わないところで役に立ち自分には欠かせないアイテムとなってきた道具など
だからこそ僕の場合はモノを捨てられないのだ。
一つ一つのギアたちに思い出がある。

しばらくファミリーキャンプで使ってきた
シェラデザインのテントは良い例で僕のキャンプスタイルを
大きくそして確立させたテントの一つとも言っても良い。

あの狭いテントに子供達が小さい頃は4人で寝ていたのだ。
そのテントを見てビックリされたこともあった。

SIERRA DESIGNS ルックアウト
http://laid-back.seesaa.net/article/56145858.html


最近は子供達も大きくなり僕も休みが取れなくなってから
キャンプにも出かけられなくなってすっかりこのテントの出番がなくなってしまって
残念なんだけど・・・



続きを読む
posted by kage_laidback at 17:26| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

火を持て、火を放て 【Merkwares(メルクウェアーズ)ストライク ア ライト】

火をつける。
マッチやライターなどで僕らは簡単に火をつけることができる。

その行為はとても簡単で便利なものだ。
火は肉を焼き、お湯を湧かし、僕らの体を暖める。

昔から火には神様が宿るといわれている。
アイヌの神話でも火神は重要視されており、それは儀礼の一番最初に祈りを捧げられる程である。

昔の人々は火をおこすために火打石を使い、
神を呼びおこしていたのであろう。

そんな原始的なアイテムがA&Fから発売されている。

続きを読む
posted by kage_laidback at 12:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

SUBARUフォレスターにINNOのシステムキャリアを取り付ける

スバルフォレスターに今必要なもの。
それはシステムカーキャリアだ。

フォレスターを買う時にこだわったのはルーフレール。
なぜなら後付けだと何となく一体感がなくてかっこ悪く見えるからだ。

そこでオプションでルーフレールを付けて、カナディアンカヌーを
運ぶようにした。

システムカーキャリアを選ぶ時にやはり「安価ではあるがしっかりしたもの」
ということでINNO(イノー)のシステムカーキャリアを付けようと思っていた。

近所のカーショップでINNOのカーキャリアを探すと、ベースの部分は売っているのだが
バーの長さが147cmまでのものしか売っておらず、結局のところ楽天のオートバックス
システムキャリアベースと165cmのBARを購入した。

続きを読む
posted by kage_laidback at 12:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

箱買い!CLIF BAR!

箱買い!こんなにいつ食べるんだ!?

仕事でのストレスが増大すると、それに伴い物欲も増大する。
Amazonを眺めては右手が商品をポチっとなと押しちまう (笑)

そしてCLIF BARを箱買い!
アメリカらしい袋のイラストも気に入っている。

BnEhAjDCAAAoq88.jpg


登山時の行動食として発売されているCLIF BARだが
僕は災害時のための食料として買った。
もちろん賞味期限はあるが1個でごはん1杯分のカロリーと同じ
十分に保存食としていけるんじゃないかと考えるのだ。

もうすでに3・11は遠い過去のようになりつつある。
しかし日本のある地方で群発地震が多発していたり、
深海魚が大量に打ち上げられたりといった情報
オカルトチックではあるが、本当にまたもう1発デカイ地震がくるんじゃないかと
思ってしまうのだ。

災害時のアウトドアギア・・・
災害時にアウトドアギアが役にたつ日がないと良いのではあるが・・・・

6種類の味が楽しめるCLIF BAR。次はどの味を箱買いしようか・・・ (笑)














posted by kage_laidback at 06:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

このPERICAN CASE(ペリカンケース)安くない?

マップカメラでペリカンケースが安い!

ひとつ買っちゃうと色々なサイズが欲しくなるよね。


131001pelican.jpg


カメラ好きアウトドア好きにはたまらんケース!
ステッカーはってデコしてガンガン持ち歩きたいな




posted by kage_laidback at 21:50| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

久しぶりのデイバック購入。MACPACK Kahu 18

CAMPING TRIPでTHE NORTH FACEのスタッフが背負っていたのが
このMACPACのkahu 18だった。

僕は彼の後ろを歩いていたせいなのか、そのバックには大きく書かれたMACPACの文字と
そのデザインに惚れてしまっていたようだ。

MACPACというとニュージーランドのメーカーで、その素材アズテックというバックの素材は
気になっていた。

羊の国のニュージーランドらしいモノ作りは小さい頃から北海道のソウルフードとして
ジンギスカン(ラム肉)を食べてきたからかそのニュージーランドのモノ作りの
DNAは受け継がれているのだろう。(本当かどうかはわからないが・・・)

でも気に入っちゃったんで買っちまった (*´∀`) アハッ♪





続きを読む
posted by kage_laidback at 06:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

TULSA TIMEが聞こえるクッキングメーカー Multi Hot-sandwich Maker



TULSA TIMEと聞くとやはりこれだよね



でも今回はこの音楽じゃなくてホットサンドメーカーのお話

ユルい男がユルい料理を作るにはやはりこれしかないのだろう。
マニアックと呼ばれるのが大好きな僕は、やはり「法螺吹き男爵」を師と勝手に仰いでいると
やはりお布施として手に入れなきゃならないアイテムだったように思う

ついに発売され送られてきたのだ
手に入れてからしばらくたってから、ようやくいろいろと作っている

2013-08-24 09.57.36s.jpg

続きを読む
posted by kage_laidback at 10:34| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

最強ケース PELICAN 1030 case ペリカンケース

CONTOURを持ち歩くことが多い。
いくらアクションカメラだといっても
机の上に放りっぱなしではいけないと思っていた。

GoPROみたくカメラの外側を丈夫なケースで覆われているわけではない。
持ち歩くのにケースが必要だなと思っていた

AmazonではCONTOUR専用のケースが売っているので
これにしようと考えていた



でふと色々と調べてみるとあの最強ケースが格安で売られている
しかもCONTOURにピッタリと思われるケースが売っていた。

続きを読む
posted by kage_laidback at 07:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

BLACK DIAMOND トラバース


一昨年、嫁にスキーポールを折られた。

その代替品は安くスポーツショップで手に入れたが満足ができないものだった。

どうせ買うならコストパフォーマンスが高いいいのが欲しい!

そんなことを考えてた。

で手に入れた一品が


続きを読む
posted by kage_laidback at 22:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

Patagoniaでセール開始!

2月1日からpatagoniaのサイトでFALL/WINTER2012製品を対象とした
セールが開始されている

PATAGONIA

1400x875_sale_F12-jp.jpg


続きを読む
posted by kage_laidback at 13:00| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Outdoor Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

あの伝説のテントが本に!?

伝説のテントといえば、やはりMOSSのテントだろう。
誰もが1度は憧れをもつテント。

僕も憧れを持ってモステントから継承されたMSRのプロフェットを買ってしまったくらいだ。
そのころは海外輸入の規制もかかっていなくて買えた時代なんだけど。

このMSRのプロフェットだが所々MOSSの部品が使われているようでMOSSの刻印が一部見られる。
なんちゃってMOSSと僕は呼んでいるが手放せないテントのひとつ
(本当はホンモノが一つ欲しい)
それとタープもMSRだがMOSSのデザインを継承しているビスタウィング。

やはりモスのその美しさはやはり芸術品とも呼ばれる美しさである。

そんなBILL MOSSが設計したテント達の写真集というかカタログ集が
海を渡った向こう側では発売されている?(これからされる?)らしいのだ。

続きを読む
posted by kage_laidback at 11:09| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | Outdoor Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

PELICAN CASE (1500)

頑丈でそれでいてソフトに運べる。

まるで相対する夢のようなものだが、たぶんこれはそれを可能にしてくれる
ケースなのであろう。

一眼レフデジタルカメラを持ち運びする際にやはり気になるのは
水没・衝撃・ゴミだ。

僕の場合防湿庫なんてものを持っておらず
一眼カメラの保存場所に悩んでいた。

その時見つけたのがこのケースだ。
続きを読む
posted by kage_laidback at 16:34| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

BioLite Camp Stove

ネイチャーストーブ

フィールドに落ちている小さな薪・小枝を入れて、
キッチンストーブとして使用したり小さな焚き火を楽しむためのストーブ

そんなネイチャーストーブで
焚き火ができて、お湯を沸かせて、しかもiPhoneも充電できる
ストーブが発売される。

本国アメリカではすでに発売済みだが、日本でも来年モンベルから発売されるというのだ。

その名は

続きを読む
posted by kage_laidback at 05:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

すべては一杯のために・・・

野外では美味しいコーヒーが飲みたい!

美味しいコーヒーを入れるコツというのを調べてみると
新鮮な引たての豆を使うこと、ペーパードリップの場合蒸らすこと、
そして静かにお湯を「の」の字をかいてゆっくりと注ぐことだ。

僕がお湯を沸かすために使っている、SNOWPEAKのソロクッカーでは
注ぎ口がついておらず、ユニフレームのコーヒーバネットにセットされた粉に
ドボドボと入っていく。

まずくはないがお湯の量が調整できずに、「まぁこんなもんか」と思っていた。

続きを読む
posted by kage_laidback at 06:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

ハンドメイド パドル


屈斜路湖のコタンの畔でカヌーガイドを営む「ぢぢカヌー」さん

最近子供さんが生まれたのでお祝いを持って行った。

そして先日カヌーの練習で寄った屈斜路湖で偶然にもぢぢさんに会い、
「ぜひ寄ってください」ということで、喫茶店休業中のぢぢさんのところへお邪魔した。

久しぶりに見る赤ちゃんは小さくて、可愛くて娘達の小さい頃を思い出した。

そして訪れている母親は誰でも同じで、赤ちゃんを見るたび抱き目を細める。
なんだかその光景を見ているとシアワセな時間が流れていて、こちらまで心シアワセになる。

そんな幸せな気分の帰り際にサプライズが!!


続きを読む
posted by kage_laidback at 04:00| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

hoboからPaaGoへ

「前にも背負え!」とバックパックの前に
つけるチェストバックがはじめて世に現れたのは
間違いなくhobo worksのチェストバックで間違いないだろう。

僕もminiチェストバックを使っていて、
様々なバックも展開されていた楽しみなガレージメーカーの一つだった。
(キッチンバックというマニアックなバックも!!)

しかし資金力に富んでいる名前のカブル「とあるバック」メーカーから
イチャモンが入り弱小ガレージメーカー(潤さん徹さんごめんなさい)
は名前の変更を余儀無くされた。

それがPaaGo WORKSである。

hoboからPaaGoへ

それに伴いラインナップも一新された。
続きを読む
posted by kage_laidback at 10:43| 北海道 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

ククサ(kukusa)


アウトドアで使うカップは色々とある。
なかでもDINEXのカップは軽くてシンプルでカラーがたくさんあって
家でも使っているお気に入りのカップのひとつ。

そんなカップに「ククサ」がある。
よくランドネなどに可愛い女子がバックにぶら下げている木のカップ

フィンランドで白樺でつくった木のマグカップである

そんな「ククサ」をひょんなところで手に入れたのである続きを読む
posted by kage_laidback at 00:00| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする