2017年02月16日

【 BLUES 】ROLLING STONESの新譜を今更購入した 

Amazonで定期的に検索する「Eric Clapton」

新作が出ないのはわかっていてももしかしたら
面白い新譜が出るんじゃないかと思って検索をしてしまう

昨年もAmazonで検索をかけていると
昨年末発売された
ローリングストーンズの新作ブルースカバーアルバムに
何曲かクラプトンがギターで参加しているというのだ。

そんな話を見ちゃったらやはり欲しくなっちゃう・・・








ミックのブルースハープもかっこいいしキースのギターも健在!
シンプルなブルースのコードなのに、足がリズムを刻んでしまう。
それにしてもこのアルバム3日間で録音されたとは・・・

ストーンズらしいブルースと言ってしまえばそれまでなんだけど
70過ぎたジジィ共にこんな演奏されちゃったら完全にノックアウトだ。

クラプトンが参加している6曲目・12曲目にはやはりクラプトンらしい
ギターのリフが聞こえてくる。
クラプトンはたまたま隣のスタジオにいて一緒にセッションしたというが、
それが本当にたまたまなのか・・・・笑

70過ぎてもミックはお父さんになれちゃうし
その出来事こそBLUESでROCKだよな。

はたしてここにいるこのおっさんは40代半ばなのに
「BLUES」で「ROCK」であり続けていられるのだろうか。

もう一度来日して欲しいな。
これだけミックが元気だともうワンチャンありそうだけど。

聴き続けられるアルバムなのは間違いない。
僕も車の中ではヘビロテ。






posted by kage_laidback at 18:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック