2016年12月24日

【今夜だけでもいい】世界中の平和をクリスマスイブに思う

町がクリスマス一色で賑わっている。


子供たちは一生懸命おもちゃを選び、その幸せそうな顔を見るだけでも幸せになれた。

そんな姿を見ていると自分の娘たちが小さかった頃を思い出し、
サンタクロースにクッキーを用意したそんな夜を思い出す。


ラジオからクリスマスソングが流れる中で、今年のクリスマスはなぜか佐野元春のクリスマスソングがラジオから流れてきた時に心がざわついた。




佐野元春のクリスマスソング「Christmas time in blue」


世界中で色々とキナ臭い紛争がおきている。

テロによって人々が殺され、空爆によって幼い命が奪われ、
この日本だって貧困に苦しみ、明日の生きる希望をなくしている人さえいる。


中流階級と思っていた我々日本人はいつの間にか格差社会に飲み込まれ、
株価は上がったと言ってもそれは政治家・一部の大企業とそしてマネーゲームに興じる
人々によって操作され、利益は搾取され続けている。


誰がこんな世界を望んだんだ!

誰も望んじゃいない!!

でもこのクリスマスイブの今日の夜くらいは、
世界中の人々に本のひと時で良いから平和が訪れて欲しいと願う。


知っているかい!?
1914年第一次世界大戦中に起こった奇跡を・・・・
ドイツ軍とフランス軍・英軍が睨み合っている戦場で
クリスマスの日ドイツ軍の最前線から「きよしこの夜」の調べが流れ、
兵士たちがクリスマス・ツリーにキャンドルを灯した。

その調べから敵同士だった両軍同士がお互い塹壕から出て来て交流。
「クリスマス休戦」と呼ばれていることを。

そんな素敵な話が過去にあったのだ。

お互い人間同士。誰も殺し合いなんかしたくないんだよ。

このジャックジョンソンのこの曲のように・・・・





世界中の平和を願ってメリークリスマス




posted by kage_laidback at 10:05| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | nichijyo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック