2016年03月17日

【 犬だって 】BRUTUS ブルータス 

最近は猫ブームだという
CMを見ても「ニャンキュッパ」の猫が登場したり
少し前では「ズザー」UQ Wimaxのにゃんこ「まる」が記憶に新しい



そんななか今月号のBRUTUSはなんと犬特集
「犬だって」そのあとに続く言葉はもちろん「可愛い」だと思う

猫に負けてられない可愛さがある

近所の本屋では売っていなかったのでネットで注文した


IMG_5076.JPG

犬を飼いたいと思っていた。
それは広い庭を手に入れて犬を飼える環境になってからと思いつつも
転勤族のため住処を転々としていて犬を飼える環境にはない。
それでもその思いは忘れたわけじゃない
長女も未だにその思いは強いらしく「犬を飼うこと」が一つの僕らの夢になっている

僕が小学生の頃には父が飼っていたアイヌ犬がいた
「ポチ」という名前で体がでかく、小さい頃はとても怖かった。
でも一緒に散歩したりもした記憶がある

しかしある日首輪を外して逃げてしまってそれ以来帰ってこなかった。
昔は今と比べて犬は「ペット」ではなく「番犬」という意識が強かったからもしれない
父も探そうとせず今思うととてもかわいそうなことをしたと思っている。

アウトドアの斎藤は斎藤でもシャルパ斎藤と間違えられたこの人も登場

IMG_5077.JPG

シェルパさんに間違えられてサインに「犬はともだち」ってサインしたという逸話がある
今では犬は立派なパートナーになっている。

犬特集、猫特集はいいのだが捨てられている犬猫の存在も忘れてはいけない
それはペットブームが引き起こしている闇の一つだ。

そんな闇にも一つ目を向けてみよう。
救える命があるのならそちらを救いたい。

犬ももちろん可愛い。
それはこの雑誌を読んで十分というくらい知った。

最後におバカなわんこ達の映像が好きだ
おバカな動物達を見て思う存分笑ってみるのもいいんじゃない?








posted by kage_laidback at 18:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック