2016年03月07日

【 戦争の作り方 】ジョンの思い描いた世界に近づいているかい?

忌野清志郎は生前書いたメッセージの中で

地震のあとには戦争がやってくる。
軍隊を持ちたい政治家がTVででかい事を言い始めてる。
国民を馬鹿にして戦争に駆り立てる。
自分は安全なところで偉そうにしているだけ。

ー省略ー

「どーだろう、・・・この国の憲法第9条は、
まるでジョン・レノンの考え方みたいじゃないか?

戦争を放棄して世界の平和のためにがんばるって言ってるんだぜ。
俺たちはジョン・レノンみたいじゃないか。
戦争はやめよう。
平和に生きよう。
そして、みんな平等に暮らそう。
きっと幸せになれるよ。」

と書いている

そうきっと幸せに暮らせる。
僕もそう思いながらこの曲を聞く

カンタンナコト・・・




どうやら僕の住む国には
戦争をしたくてしたくてウズウズしている人たちがいるようだ
言葉巧みに早口でまくしたて、もううんざりじゃない?

「炉心溶融」を「炉心損傷」とわけのわからん言葉を使って
5年前に嘘をついていた企業・政治家この国の政府を信じるのかい?


安全です。安心です。想定外。

そんなに他人と競争して蹴落として楽しいのかい?
パチンと指を鳴らすように終わっちまう人生だってあるんだぜ!

戦争なんて簡単に始まっちまう。この国で行われていること
国に家族を人質に取られたら、誰だって「嫌だ」って言っても武器を取るでしょう?
娘を守る為、家族を守る為、愛する人を守る為
家族の為なら自分の命を差し出すでしょう。それが戦争じゃない。

「戦争の作り方」という絵本が販売された
その絵本が有志の手によって動画になった。
この動画をみてどう思う。想像してごらん。カンタンナコト・・・








posted by kage_laidback at 19:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | nichijyo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック