2016年02月25日

【 サホロ 】初めてのサホロスキー場へ

道東に暮らしてからスキーリゾートというスキー場に縁がない

娘たちが小さい頃いった津別のスキー場はいまはすでになく
北海道内においては「リゾート」と呼ばれるスキー場は指折り数える数しかない

帯広に引越しをしてきてからというもの、冬の一つの目標として
「サホロスキー場に行くこと」これが一つの目標になっていた
そんなサホロスキー場へようやく行ってきた話である。

嫁と2人でサホロスキー場へ行った。

4時間券&昼食付きチケットを買い滑ることにした。
4時間券を買うとレッドブルをもらえた。これは嬉しい!

CZiPtpcUAAMVPm5.jpg

久しぶりのゴンドラ。
そのゴンドラに乗るために並んでいたのはびっくりした。
しかも日本人というより外人率の高さ
また中国人と思われるボーダーの増加も目についた。

中国人がどうのこうのというわけではなく
豊かになった富裕層が「爆買い」だけではなく「スノースポーツ」を
楽しむようになってきたということ。
ゴンドラで一緒だったボーダーも広東語で話していたし。

はじめてのサホロリゾートスキー場

今日のサホロスキー場頂上からの眺め。アオイソラとシロイユキ。最高!

@kage_laidbackが投稿した動画 -




そのコースの多さにびっくりした。

ちょっと残念だったのはパウダースノーと言われていたわりには
アイスバーンだったところ。
それでも長いコースを滑るのは楽しい。



昼食はロッジにて醤油ラーメンを食べた。
この醤油ラーメンがうまいん。




そして先ほども顔いたが外人率の高さ。
そしてその外人のほとんどが「ビーコン」を着用していた
「どこ滑ってんだよ!?」とも思ったが彼らにしてみれば
ビーコンをつけて滑ることが当たり前なのかもしれない

そしてあと思ったのがウェアの豊富さ
様々なウェアやスキーギアを見られて僕にしてみれば
アウトドアウェア&ギアの展示会場だ(笑)

今度は娘を連れて一緒に滑りたい

そんな夢もそう遠くないはずだ
久しぶりのリゾート呼ばれるスキー場に満足した







posted by kage_laidback at 19:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。