2016年02月24日

【 懐メロ】久しぶりに見たSTINGの変貌ぶりにビックらこいた

チャンネルをポチポチと変えるのが好きだ
仕事が休みだと何か面白い番組がやってないかテレビのリモコン片手に
番組をポチポチ探してしまう。

そんななかちょうどNBAのオールスターゲームがやっていたので見てしまった。

NBAと言えばジョーダン&ロッドマンのシカゴブルズ全盛期でおっさんはワクワクしちゃう
しかもスラムダンクがドンビシャな時代で「バスケブーム」の全盛期だったかもしれない

そんな僕はバスケ少年だったわけではなく、
帰宅部の暗い根暗な青年だったのは間違いない

POPEYE&HOTDOGを読み漁りどうしたら「彼女ができるか」
そんなことばかり考えていた不健全な青年だった。



そのNBAのハーフタイムショーで出てきたのがSTING

一見髭面で誰だかわからなかったけど・・・

その顔はもうちょっとヒゲを伸ばしてサングラスをかければZZTOPだし
キャストアウェイのトム・ハンクスにも見える。

細身の知的なフェイスのイメージだが、
ところがどっこいちょっとぽっちゃりした髭面の
スティングを見て歳を重ねることへの意味を知った。
(大げさではあるけれど)

それでもこのパフォーマンスは素晴らしいもので
懐かしい曲を何曲もやり見入ってしまった。

おっさんはやはりこういうライブには弱いものである・・・



最近の音楽にはついていけない
「演歌」までも聞かなくても懐メロROCKにはやはり弱い。
歳をとって涙もろくなるようにおっさんも懐かし曲にはついつい反応しちゃう

女の子にモテるために高校時代に背伸びをして聞いた音楽が懐かしくなるとは、
その当時思いもしなかったな。

音楽との出会いは不健全だが、今のこの状況を考えると十分に健全な理由になっている。







posted by kage_laidback at 08:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック