2015年11月17日

「北海道から世界へ」J2リーグ 第19節 コンサドーレ札幌vs北九州

今シーズンなぜかアウェーに強いコンサドーレ札幌

札幌ドームでは強敵ジュビロ磐田相手に完勝はしたものの、
それからというもののピリッとしないホームゲーム。
下位チームではあるが、一昨年の札幌ドーム、
ホームゲーム最終節ではプレーオフがかかっていたのにもかかわらず
ガッチリと守られて北九州にドロー。
大変苦い思いをしたチームというのがぼくの印象だ。

昨年までは小・中学生が無料で見られる「ファミリープランシート」
を利用していた我々ファミリーだが、
今年度からはチームに少しでも貢献しようとお高いSA自由席での観戦をしている。
本当のところは「シーズンシート」と行きたいところではあるが、何せこちらもお高い。
実際毎回コンサドーレのホームゲームに足を運べるわけでもないしね

それでも帯広に引越ししてきてからというもの、
札幌遠征への機会は増えたことは確かだ。

こんな文章もiPad miniとBluetoothキーボードを使って入場前に書いている。

11010974_839472289435070_6424473767376199515_n.jpg

J1なみの選手層の厚さとは言わないが、
若手も育ってきてそれなりに楽しみにしている今シーズン。

だからこそこうして札幌ドームへと足を運ぶのであろう。

でもなぜだか下位相手には弱いコンサドーレ。
なんだか不安なのは確かだ。

北九州にはもとコンサの西嶋や大島がいる。
特にディフェンスの西嶋は印象が強い。
試合後にはきちんとゴール裏まで挨拶に来ていたし・・・

サッポロクラシックプレゼンツということもあって、
今回約100名にサッポロクラシック発売30周年を記念した背中に
クラシックのロゴが入るコンサドーレのTシャツが当たる。
一般入場では当たるわけがないと思っていたらなんと家族2枚分当たってしまった。
嬉しい!

10177394_839671609415138_8091317368725330562_n.jpg

チームコンセプトの「北海道から世界へ」
あと何年後にその思いは届くのであろう・・・
今までのそのチームの軌跡のスペシャルムービーが良かった





試合結果はコンサドーレ宮澤が先制点を決めるものの、後半北九州・渡に同点弾を決められてドロー。
やはり試合前の不安は的中したのだった。

IMG_2009



なぜか勝てない赤黒チーム。
それでもこの地元のプロサッカーチームを応援していこうと思うのだ。

それはあのテレビで見た厚別の奇跡。
惚れた弱みという奴だ。

どんなに勝てなくてもチームを応援する。試合結果に一喜一憂する。
それがサポーターだと思う。
勝って喜ぶ試合もあれば、画面を睨みながら大声を上げて罵倒する試合もある。
口の上手い社長が言っている話ではないが、チームはやはりサポーターがつくっていくもんだと思う。
それは欧州のサッカーを見て特に思うのだが、地元のチームを応援する文化が根付いていると思うのだ。

日本ではプロ野球が文化として根付いているように、サッカーも文化として根付いていくべきなんじゃないかと思うのだ。

それはチームがつくりあげるだけではなく、サポーターも作り上げるべきだと思う。

「FOOTBALL LOVE」な文化を。

弱小赤黒チームを応援していていつかはビッククラブになることを夢見ている。
そんな夢を見ていたっていいじゃなかと思うのだ。






posted by kage_laidback at 08:25| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | consadole | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。