2015年11月02日

桜・雪・・・そして雨・・・これが日本のアニメーション


桜の落ちるスピード・・・「秒速5センチメートル」

この「秒速5センチメートル」は桜そして雪の情景が心に
残るアニメーションだった。



転校生同士の2人が、お互いに惹かれあい別れすれ違い大人になっていく
「胸がキュンキュン」するようなアニメーション映画

桜の情景が美しく、そしてまた雪の情景が美しいアニメーションだった

山崎まさよしの「One more time, One more chance」の歌も印象的で
この物語を盛り上げてくれる要素の一つになっている



この作品を監督した新海監督の「言の葉の庭」が
11月4日まで限定ではあるが「GYAO」にてみることができる


http://gyao.yahoo.co.jp/ct/anime/
(上記リンク先はGYAOのアニメサイト)

もし「秒速5センチメートル」が好きならばこちらの「言の葉の庭」も見てほしい
「秒速5センチメートル」が桜・雪ならば
この「言の葉の庭」は雨が主役な作品。

またこの「言の葉の庭」は
海外の映像制作集団「CineFix」が「映画史上最も美しいアニメ映画TOP10」
の1位に輝いている

まずは予告編



雨そして水の表現力がすばらしい
またこの秦基博の歌う主題歌が良い



僕はこの作品の思わずな展開に声をあげて驚いてしまったが
「きれいなおねえさんは、好きですか。」
というフレーズを思い浮かべてしまった。(僕は「大好きです!」)

娘曰くこの新海監督は作画に関してはいい意味での「変態」と呼んでおり
その「変態」ぶりはどのアニメ作品を見ても納得ができるものと僕も思っている。

宮崎駿の後継者が求められている中、彼もその一人のアニメーション作画監督の
一人だと思ってもいいのだろう。

できればパソコンではなくてデッカい美しい画面でまた彼の作品を見直したいな・・・










posted by kage_laidback at 06:16| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | from iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。