2015年10月05日

2015 WILDERNESS NO.5 〜「LOST IN THE WILD」これは人生を迷って生きている人々への応援

「順風満帆」

人生も大きく帆をはった船で風を大きく受けて海の上を
スイスイと進むことができたらどれだけ楽なんだろうか・・・
人は誰でもそんなことを思ってきっと生きている。

でも実際にその航海は後悔の連続で、高波の中逆風を受け必死になって
船を操り操縦している。目的地もゴールもわからないまま。

そんな男の話がこの発売された「WILDRNNESS」の最終ページに収録されている。

「LOST IN THE WILD」
ホーボージュンさんの思いが2万字という形でここに存在していた。

その文章に「ガツン」とやられてしまった・・・・

IMG_4580.jpg



過去にビーパルで少しだけ書いていたアラスカでの迷子話。
今回ここではその旅の経緯から旅の様子まで、そしてその心情まで
事細かく書いてある。

「病気」の話はもちろん知っていた。
でもここまで精神的にコテンパンにやっつけられているとは知らなかった。

今回のアラスカ・デナリの旅も「死ぬことばかり考えていた男」が
結局道に迷い「必死に生きよう」とする・・・・

その強い気持ちに心が動かされてしまった。

これは人生を迷って生きている人々への応援の文章なのだと・・・

人生も旅も経験値なのだ。
ドラクエの勇者のように経験値をあげレベルをアップし魔王に立ち向かう。
たとえそれが失敗しても長い復活の呪文を入力し立ち向かう。

「決して死んではいけない」

死にたいと思っても、もう1日だけ生きてみよう。
そして明日また死にたいと思ってももう次の日1日だけ生きてみよう
明後日死にたいと思ってももう1日だけ生きてみよう
・・・・・・

これはなんとなくスティーブジョブズが・ジョブズが語った
You can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.
(未来を見て、点を結ぶことはできない。過去を振り返って点を結ぶだけだ。だから、いつかどうにかして点は結ばれると 信じなければならない。)

まさにこの言葉そのものだった。

道に迷ったらこの本WILDERNESSを読め
旅へ出かける答えは決してこの本には載っていない。

自分の「旅」を探せ!自分の「道」を探せ!自分の「答え」を探せ!











posted by kage_laidback at 10:19| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。