2015年05月05日

辞令は突然に!?新天地へ・・・・

これで何度目だろう・・・・辞令が出るのは・・・

引越しを伴う辞令交付

職場に出す身の上相談(転勤など)の申告書には
「母も一人だし年老いてきた。嫁の親も年老いてきて、
できれば近くに、異動できたらいいな〜」の
「いいなぁ〜」くらいの気持ちで書いたのだ。

それが突然決まったもんだから、いつもの通り慌ただしく引越し

新しい職場は忙しく、4月は一度もブログをアップできないほどの激務

それでも最近はその仕事にもようやく慣れて自分のリズムになってきた


新しい勤務先は帯広

どんどんと実家には近づいてはいるが、
道東の脱出はまだまだだった。

高校生になった長女と、中学3年生になる次女。
次女は良いとしても長女は高校生だし、本当のところは単身赴任も考えていた
しかし長女は一緒について来るというので
転校をさせることに・・・・高校を転校させるということは様々なリスクを
伴うのはわかっているが、その決断をした長女に感謝している。
次女にもそして妻にも迷惑をかけてきた。

ここ10数年数年ごとに住む地域、住むところを変えながら暮らしてきた。
そして引越しするたびに物への執着心は薄れ、シンプルに暮らすことを考えるようになった。

「遊牧民」みたいな生活といったほうが良いのかもしれない。

キャンプでの旅ならテントを畳んで、道具を車にぶち込んでの
移動が可能だが、やはり生活全体を移動させるとなると大変だ。

それでも全然悲観的に考えていなくて、
その土地土地の良いところを面白いところを見つけてきた

僕は家を持たず、定住をせず、
自分の運命に任せて永住の地を探しているのかもしれない。
家にも土地にも縛られないと、この次は会社にも縛られなくて良いかもと
考えてしまう。

そんな新しく暮らしている十勝の魅力が十分に詰まった短編映画がある



こんな風に新しく住む場所の魅力を感じてみたい

もしかしたら理想の土地がすぐそこにあるかもしれない・・・・



posted by kage_laidback at 18:41| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | from iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック