2015年02月25日

相次ぐバックカントリー事故 その真相とは・・・


滑っている目の前での亀裂雪崩・・・

そして流される映像・・・怖い

やはり怖さを忘れちゃいけないと思う。

アウトドアは危険がつきものだけど、

できる限り危険を回避する能力や判断は身につけたい。

メーカーやスキー場など関連企業が一体となって事故減少に向けた取り組みは行わなければならないと思う。

それは雑誌などのメディアもこのブームにのかって煽っているんだけどさ。

やはり年に1度行われていた雪崩ミーティングは
事故を防ぐためにも啓蒙活動の一つとして続けていくべきだと僕は思う。

今なら映像のアーカイブもインターネットで流せるし・・・

一旦事故が起こればそれは「自己責任」という言葉で片付けられてしまうかもしれないが、
本当にそうなのだろうか・・・

毎朝、早起きして今日も1日事故がないように祈って長い間、
活動している新谷さんの気持ちも考えるべきだろう。





posted by kage_laidback at 23:14| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。