2015年01月28日

映画ANNIE(アニー)は楽曲が素晴らしい映画だった

日本でもミュージカルで有名な「アニー」
そしてあの「TOMORROW」という曲。

そんなミュージカル「アニー」がミュージカル映画「アニー」となって
1月24日に公開された。

なぜ急に映画を観に行くことになったのかというと
イオンシネマで「6回見ると1回タダ」というチケットが1月末で
有効期間が過ぎてしまうからだ。
で、何を見ようか迷ったあげく字幕で嫁も楽しめるこの映画にしたのだ。

ミュージカルのアニーというと赤い髪でもじゃもじゃのわんこが出てきて・・・
ということくらいでストーリーなんて本当は知らなかったが、
この新しいアニーはミュージカル映画ではあるが、
それなりにベタなストーリーだったりもするけど楽しむことができた。

映画の途中で何気ないリズムから始まる音楽
その音楽が素晴らしくどんどん吸い込まれていく


そしてアニー役の黒人の女の子がこれまたキュートな演技で可愛いのだ
この女の子なんとなく顔が「高梨紗羅ちゃん」に似ている雰囲気で・・・・
(あくまでも僕の感想だけど)

資産家役にはあの「Ray」でレイ・チャールズのジェイミー・フォックスが
アニーの里親役のキャメロン・ディアスがこれがまたいい悪女を演じていていいのだ。

この映画の見所はやはり音楽!!
現代風ミュージカル映画らしく体がリズムに乗ってしまう。
ミュージッククリップ集がこの映画の良さを表していていい



本当に一般的な最後が読めてしまうストーリ展開ではあるが、
最後に「ホロリ」ときてしまうのは、主役の女の子が名演技だからでしょう


余談だがあまりにもこの映画の楽曲がよくてサントラを注文してしまった。




予告編をみて気にいいったら、子供と一緒に見てみるといい
『きっと あなたの“明日”を変える』そんな一本になるかもしれない・・・









posted by kage_laidback at 18:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック