2014年10月27日

古着屋で手に入れたkavu keeper(カブ・キーパー)

近くの古着屋で気になるバックを見つけた。

僕の持っているバスケットハットと似ており
バックのロゴにはkavuと書いてある。

どんなバックでどんなものなのかわからなかったが、
値段も安かったので買ってみることにした。
スマートフォンを入れたり、ちょっとした手帳を入れて持ち歩けると思ったからだ。

kavuのバスケットハットと昨年手に入れたkavuのスローシャツそして今回手に入れたkavuのバックと
コーディネートすると良い感じになるのではないかと考えた

これが予想通りピッタリなのである。

IMG_3639.jpg


家に帰ってからこのバックの名前を調べると
kavu keeper(カブ キーパー)というモデルだということがわかった。

肩からかけるショルダーバック

そしてポケットもたくさんついているので、
様々な小物が収納できるようになっている。

「良いモノを見つけた!」と妻に見せるとあっさりと「私にも使わせてね♡」と
このバックは嫁のお気に入りのバックとなってしまった。

古着屋やリサイクルショップは僕に言わせてみれば宝島で、
誰も手に取らない「隠れたお宝」が眠っているのかもしれないのだ。
そんなアイテムを見つけた時の喜びはまさに鉱石を発見したような喜びかもしれない。

最新ウェアに身を包むのも良いが、やはり中古のちょっとオールドなアイテムが気になる

それがモノを愛することに繋がり、
パタゴニアのworn wearの精神と一緒じゃないかと思うのだ。

とにもかくにも隠れた名品を手に入れた。
嫁が特に気に入って使っているが、
僕の日焼けしたkavuのストラップバスケットハットといい相棒になりそうだ。

ちょっとくたびれたバックと帽子とウェア

まるで僕のようじゃないかと思っている。
ヨレヨレの服が似合うインチキなオジサンになりたい。
そんなインチキオジサンに似合うアイテムをこれからも手に入れたい。







posted by kage_laidback at 22:20| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor Wear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック