2014年10月02日

荒野へ 「WILDERNESS」発売

今回で3号目のこのムックも
いつも通りの様々な旅の提案をしてくれている

表紙からやられてしまった。
普通はこういった構図で撮影することはなかなかないから。
焚き火をする男が本当の自分か・・・・
それとも水面に映る虚像の姿が本当に自分なのだろうか・・・

特集の「心揺さぶる風景へ」は
ノルウェー・インド・カナダ・アラスカを旅している

遠藤昇さんの【ケモノ道】がアウトドアイクイップメントを
そして「SORA」を思い出してくれる

ホーボージュンさんはイエローストーンを歩き旅について考えそして語っている

読み応えがある!そして荒野へ!



「旅」なんていろいろな旅があっていい
いつもと違う風景に出会うことそれが「旅」なんだと思う。
確かに旅は「時間」+「お金」によってもちろん満足度や様々な旅が可能だ

しかしいったいこの国に、どれほどの人間が
そのような旅を可能にすることができるのだろうか・・・・

「旅の要素」はどこにでもある。
非日常をほんの少しだけ探しだせれば十分に旅になる。
どれだけ魂が揺さぶられる風景に出会えるか・・・
どれだけまた会いたいと思う人に出会えるか・・・
どれだけまだまだ生きていきたいと思えるか・・・
どんだけ失敗しても涙を流しても悔しいと思えるか。
どれだけ感動し日常に感謝して生きていけるか

僕はこの日常の中で「旅」の要素を探して生きていきたい

「今日は夕焼けが奇麗だった」とか「今日は月が出ている」とか
「ステキな本を見つけることができた」とか・・・・

壮大な旅はすることができないけれども、
僕は小さな小さな旅をして小さな小さな感動をして
小さな小さな幸せを感じてみたい。
僕の小さな小さな望み。

そしてこのムックは僕の大きな夢の世界。
いや叶えるためにそこを目指すのだ。








posted by kage_laidback at 08:03| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。