2014年04月11日

大人が見るディズニーの物語

「メリーポピンズ」名前を聞いたことがあっても実際には見たことがない
ディズニー作品といってもこのミュージカルな映画には多分興味がなかったからであろう。

そんなメリーポピンズの誕生秘話の物語の映画を見に行った

「ウォルト・ディズニーの約束」



邦題はこれなのだが原題は「Saving Mr.BANKS」
原題がしっくりとくる映画だった
確かにウォルトディズニーは出て来るが、実はこのメリーポピンズの原作者トラヴァースの物語

彼女が幼い頃から抱える心の闇とはなんなのか・・・
映画化に反対する理由とは、そしてなぜあんなにも頑に作品作りに拘るのか・・・

トムハンクスがウォルトディズニーそっくりでこれも親しみが持てた

それからウォルトディズニーが自分の幼き日の話をトラヴァースにするのだが、
まるで自分と同じ境遇で思い出してしまった。朝早い雪深い日のあの幼き日の苦労を・・・・

それにしても幼きトラヴァースが可愛かったな

ちょっと切ない大人のディズニー映画だ

トムハンクスが出演している作品には「ハズレ」が少ないな
この前見に行った「キャプテン・フィリップス」も良かったし・・・

最近はヒューマンドラマがお気に入り。
今度は何を見に行こう・・・・





posted by kage_laidback at 12:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック