2013年10月02日

沈む太陽、沈まぬ僕の思い

港町に暮す。
港町に暮すのはこれで2回目だ。はじめは根室。
そして今は釧路。どちらも道東の街ではあるが歴史深い港町だ

だからこそ休日に自転車に乗って町中を走ると
古いレンガ倉庫や歴史ある建造物に出会える

海より山だぜ!なんて思っていたが、これがどうしてか港町もなかなか美しいのである

その港町が美しく見えるのはやはり夕焼けの風景なのだろう

太陽に照らされ浮かび上がる漁船のシルエット
赤く照らされる町並み
カモメの声

その一つ一つが日没の間にドラマとして夕焼けの空のステージを飾る


釧路の夕焼けスポットのひとつとして
米町公園がある。

なんでもないちょっと高台にある公園なんだが
これがどうしてか日没間近になると人が集まってくるのだ。



刻一刻と水平線に沈む太陽
20倍速だと1時間の撮影時間もあっという間に終わってしまう・・・

今度はどこで撮影してみようかな・・・細岡展望台も美しいだろうな。

太陽は沈むが僕の思いは上昇中なんだな


Untitled




posted by kage_laidback at 23:17| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | sunset | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック