2013年01月31日

icon 7

前回「PERSONA」で雪山に対する思いをそれぞれの各々が語るビデオで
16mmフイルムが写し出す映像はやはり暖かみがあり
何度も何度も繰り返し見た。

そして昨年に「icon7」が発売されたのは知っていたが
やはり年が明けて冬山シーズンインとなるとやはりどうしても手に入れたく
大画面で見たくなった。

icon7 届いて鑑賞中!




やはり映像はもちろんのこと音楽もスバラシイ。
滑り手も素晴らしく3拍子揃ったこのDVDはやはり何度も見ちゃうんだろうな。

雪山への憧れはある。BC(バックカントリー)へ思いもある。
それは僕の冒険心の一つでいつかはという思いを抱いているのだ。

そしてニセコでのゲートをくぐる意味も知っている。
確かにこのビデオのようにニセコのバックカントリーはスバラシイ。

icon7 TRAILER from ebis films. on Vimeo.



色んな業界などが中心となってBC・パウダー・ノートラック・ツリーランを煽っている
売上げにも繋がるし魅力的な世界だ。

僕はニセコのスキー場そのものにも魅力も感じているのだ。
例えゲートを越えなくてもニセコはスバラシイ。
そういった「楽しい」ということをただ単純に感じたいだけなのだ。

今月ニセコにて2件の死亡事故が起きた。
ニセコルールが破られ死亡事故が起きたことにモイワのあの人もきっと心を痛めている。
雪崩情報の最後に書かれている「よい一日を」
その言葉の意味を感じてほしい

よい一日をたくさん迎え、よい冬をたくさんすごし、よい夏を迎えようじゃないか!








posted by kage_laidback at 22:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック