2012年11月29日

George's Death anniversary

何度も聞いてきたビートルズの曲

小さい頃はビートルズというバンドがあって外国の人で
なぜか一枚だけビートルズのシングルレコードがあった。
というくらい名前を知っていても僕の中では凄いというのを感じなかった。

中学生くらいに見た映画「プラトーン」でエンディングに流れていた
ジョン・レノンの「イマジン」の歌詞を見て「なんて凄い歌詞なんダ!」と
思ったのがビートルズを真剣に聴くようになったきっかけだ。

その後札幌パルコでジョン・レノンの遺品を展示した催し物が開催されていて
見に行った。あれは映画「イマジン」の公開された時だった。

そんな長い間ジョンレノンを聞き続けてきたが、クラプトンにも興味をもちはじめて
あのビートルズの曲「While My Guitar Gently Weeps」でクラプトンがあのギターを弾いていたと知り
「Something」もジョージの曲だと知るようになるとジョージのアルバムを聞くようになっていった。

ジョンの荒々しい曲もいいが、ジョージの優しさがあらわれた曲がにじみ出る曲達に惚れ込んでいった。

アルバム「All Thing Must Pass」を買って聞いた時には何度も聞込んだ。

そしてバングラデシュ・コンサートを開催し、
薬物で隠居生活を送っていたクラプトンをステージに上げたのも彼だった。






まさに「いい人」そのもの

そしてその親友(クラプトン)に女房まで取られるなんて・・・

そんな「いい人」だったジョージ・ハリソンの命日が今日。

ビートルズというとやはりジョン&ポールがメインに思われがちだが
影の名曲はこの人が手がけたものが多いと思う。

SomethingもそうだけどHere comes the sunとか

いい人だからこそジョージ1周忌に行われたこのコンサートがすばらしすぎる。

Concert for George



そしてやはりジョージの命日にこの曲はピッタリだよ。



リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールドをまだ見ていないな
そろそろ買おうかな・・・Blurayで欲しい気もするが・・・

今日一日はGeorgeHarrisonで決まり!





posted by kage_laidback at 07:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | THE BEATLES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック