2012年09月13日

すべては一杯のために・・・

野外では美味しいコーヒーが飲みたい!

美味しいコーヒーを入れるコツというのを調べてみると
新鮮な引たての豆を使うこと、ペーパードリップの場合蒸らすこと、
そして静かにお湯を「の」の字をかいてゆっくりと注ぐことだ。

僕がお湯を沸かすために使っている、SNOWPEAKのソロクッカーでは
注ぎ口がついておらず、ユニフレームのコーヒーバネットにセットされた粉に
ドボドボと入っていく。

まずくはないがお湯の量が調整できずに、「まぁこんなもんか」と思っていた。

やかんは持っていなかったわけではない。

キャンプをはじめた時に買ったパーコレーターをやかん代わりに使っていたが
焚き火にかけた際にふたの取っ手のプラスチックはとけ、持ち手もあつくなり、
真っ黒けになっていつの間にか重いこともあって持ち運ぶことも少なくなった。

そこで札幌の秀岳荘を訪ねるたびに「やかん」を物色していた。

それにしても「やかん(ケトル)」といっても
色々な種類があるので決められないでいた。

R1063972.jpg

結局買ったのはGSIのエクストリーム ティーケトル

イワタニプリムス クッカー ライテック ケトルと悩んだが黒くて軽くてイイ感じだ。
収納力もあって中にバーナーなども入れられて簡単ティーセットができる。

このケトルを買ったら次は手で引くミルが欲しくなった。

すべては野外でおいしいコーヒーを飲むために。
そして山やキャンプで美味しいカップラーメンを食べるために・・・

黒くて軽いなんて自転車の売り文句のようなケトルだが
僕はこのGSIエクストリーム ティーケトルこれを野外で使っていこう。









posted by kage_laidback at 06:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor Gear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。