2012年08月04日

パタロハ コレクション


オールドなパタロハが欲しくなった。

2001年のパタロハが欲しかったのだ。
オレンジ色のそのパタロハは結構オークション高値で落札されていたもの。
開始価格1000円では普通落札できないのに1000円で落札。
競り落とした時期が「真冬」真冬だからこそこの値段で落札できたのかもしれない

d633696a399211e19e4a12313813ffc0_7.jpeg

このパタロハはこの夏のお気に入りの一着となっている。

そのお気に入りの柄のパタロハを手に入れてから、春には昨年のモデルを、
そして古着屋で半額になっていたパタロハを見つけてまたもや買ってしまったのだ。

e443f1b6cda611e1b7a61231381f34cf_7.jpeg

北見のオフハウスで見つけた。セールで半額になっていて1000円で購入。
サーフィン柄でいかにもパタロハらしいデザインで気に入っている。

知らず知らずのうちにパタロハがコレクションアイテムになっている。
クーラーも扇風機もない我が家では暑い夏のスーパークルビズアイテムの一着だ。

そんな僕のパタロハ好きを知ってかmonoマガジンではこんな特集の本が発売。

c1859e54c5bd11e19c6622000a1e89ba_7.jpeg

北海道の夏でアロハは似合わないのかもしれない。
ましてや比較的涼しい寒いと言われるこの道東地方では。

北海道でアロハシャツを着れるのはせいぜい2ヶ月だ。
短い夏だからこそ夏を感じたいのだ。

最近はアロハシャツを着た怪しい無精髭を生やした太っちょのオジサンではあるが
オジサンの夏のほんの少しのコダワリだ。

いつかはキャンプでパタロハにヘタクソなギターを弾きながら
尚更アヤシイオジサンを演じてみたい。

そんなオジサンを演じるためにもパタロハを着てギターの練習をしている夏なのである。




posted by kage_laidback at 19:27| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Outdoor Wear | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック