2006年11月05日

Spectator

4344950348.01._AA240_SCLZZZZZZZ_V38793053_.jpg

「旅」がテーマテーマな雑誌。
「旅」といっても「TRIP」という言葉がプンプンする雑誌だ。


特集がバックパッキングがテーマ。
ホーボージュンの文章が読めるということで購入。

早速Amazonで注文して本日届いた。

「TRIP」という言葉がプンプンすると書いたが、
まさに60年代のヒッピー的な雑誌の作り。
「はっぱ」の匂いがどこから感じる。

どこにも遊びに行けない引きこもりのヒッキーの
僕が読んでいるからではないが、そういった感じがとてもするのだ。

お目当てのホーボー潤の文章はバックパッキングの
道具購入指南といったところだ。
靴からバックその他ギアについて書かれていた。

それよりもイラストがいい感じでとても気に入った。

また日本のバックパッキングと言えばこのお二方
加藤則芳・田渕義雄
のインタビューも掲載されている。

こういった雑誌作りの方向。
「好き・嫌い」がはっきり別れるとは思う。
アウトドア雑誌だと思って買うと損をするかも。

「TRIP」という言葉に反応する人には
是非読んでもらいたい。


posted by kage_laidback at 18:55| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | BOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いまmixiにアップしてから
こちらに来たら偶然にも同じ本が!!

僕も買いましたよ。

しかし、趣味というか着眼点というか
kageさんとは共通することが多いなぁ!
Posted by たいまつ at 2006年11月07日 12:32
いろいろと共通点が多いですね。
お互い4月生まれだからでしょうか(笑)

今は亡き芹沢一洋氏も読み応え十分ですよね。
バックパッキングの精神論っていうものでしょうが。

間違いなく保存版な一冊ですよね。
Posted by kage at 2006年11月07日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック