2012年03月26日

今、そこにある危機 フクシマ原発事故から1年

昨年の3月11日。

日本中を大きな揺れが襲い、誰もが恐怖したあの日。
そして地震の後に出された大津波警報とともに、テレビで映し出された巨大津波にノミコマレル、
畑、家、走っている車・・・・

「本当にこれは日本なのか?」という恐ろしい映像だった。

余震で揺れているのか、あまりの恐怖で心が揺れているのか、
ただただ「生きている人たちが失われていく瞬間」を目の当たりにして
頭の中のメモリーがショートをしていた。思考回路停止

その後僕を襲った恐怖は「放射能の恐怖」だった。

僕の少年時代はとにかく「放射能への恐怖」を題材にしたものが多かった。

「はだしのゲン」やら「黒い雨」広島・長崎の原爆の悲惨さを
学校という教育の場で刷り込まれていった。

また「核戦争後の世界」を題材にした映画を見たことがあり、
核爆発によって命を落とすもの、放射能の後遺症によって命を落とすもの、
核爆発の塵によって地球は寒気と暗闇に長期間閉寒気と暗闇に長期間閉される「核の冬」になり生物は死滅する
といった「恐怖の世界」が頭の中の残っていたのだ。

もし日本のどこかに核兵器が落ちて放射能の恐怖に怯えながら生きるとしたら・・・・

そんなことをモンモンと考えた時期があったり、夢にまで出てきたくらい。

しかし実際には核兵器ではなく、日本人自らの手によって「恐怖の世界」がやってこようとは・・・

「原子力は安全です!原子力は平和利用です!CO2を出しません!環境に優しいです!安いです!」

僕も含めてどれだけこの言葉に洗脳されていたのか・・・


フクシマの事故がおきた時に僕はこう思った。
「政府がきちんとした対策をしてくれるだろう!」と・・・
しかしその対策はお粗末なものばかりだった。

出てくる情報は「飲んでも平気です」「食べても平気です」「直ちに影響はございません」

この当時Twittreでは「メルトダウンしている」という状況判断的証拠もあるのに
「メルトダウンなんて起こるわけないだろう!」と平和ボケしていた呟きも見られたし・・・
この当時は「メルトダウン=デマ」だったのだ。

1年たってもこの状況は変わらない。

僕はそれよりも4号機が心配でしかたがなかった。
今でも「4号機」をTwitterで検索のメモに設定している。
4号機に何かあった時に迅速に対応するためだ。(パチンコの情報も混じるけど・・・・w)

昨年12月。「冷温停止状態」なんていう言葉で収束しているかのように見せている政府。

もしこの情報がデマだとしたら・・・嘘だとしたら・・・

そしてやはり嘘。

「ドイツZDF フクシマのうそ 」


ドイツZDF フクシマのうそ 投稿者 sievert311

ずっと嘘だったんだぜ!

この国は狂ってる。やはり必要な情報は自ら探すしかないのだ。



4号機が倒壊すればこの国は終わる・・・・その時政府の発表する情報がなんであろうと逃げ出さなくてはならない。
全てを捨てて・・・その覚悟をしながら生きるしかないのだ。

本当の不幸はもう現場で始まっている。









posted by kage_laidback at 08:22| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | NO NUKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック