2012年03月19日

ウナベツ 流氷スキー

次女もようやく足の怪我から復帰して筋肉がついてきたみたいで「スキーが楽しい」と話すようになった。
家族そろってスキーと楽しみたいところだが、実は妻が夏から調子が悪く「めまい」が多発している。
調子の波があり家族そろってのスキーというのはなかなかできないのである。

それでも僕の休みと子供の休みが重なったので「ウナベツ」へ向うことにした。
今年は雪が多い。流氷も数多くやってきた。
こういう状況が重なると斜里町にあるウナベツスキー場で滑るスキーは格別なのだ。
妻も滑られない状況ではあるが「流氷が見たい」と話していたし。

海は真っ白い氷で覆われていた。

6cdf2a6a627011e19896123138142014_7.jpeg


実は僕は新兵器を投入していてその性能を確かめるために来たのだ。

新しいおもちゃを手に入れたらさっそく使いたくなってしまう子供のようだが・・・・
実はK2 MAVERICKの板をパウダー用に購入したのだ。8年ぶりのスキー購入だ。

7092db0667ee11e180c9123138016265_7.jpeg

セミファットなモデルではないが、これでパウダーを練習してもっと深雪用の板を買おうと思っている。

娘2人と一緒に滑る。

5e88cd806a5511e19e4a12313813ffc0_7.jpeg

妻のミッドスキーとパタゴニアのウェアーを奪い取った長女はご機嫌!

僕は新兵器を手に入れてご機嫌! 圧雪されていないコース脇を何度も滑ったのだ。
「ふわっ」と浮く感覚は楽しい。これがニセコのパウダーだったらもっと楽しいのだろうな。
そんなお調子者の僕に天罰が・・・逆エッジを食らって頭を強く打つ。しばらくはムチウチのような症状が出た。

bf1065e6628011e1b9f1123138140926_7.jpeg

何度も何度も子供達と滑る。

短いスキー場ではあるが僕らのレベルではこれがお似合いなのかもな。

もうそろそろスキーシーズンは終わってしまう。
そう思うとスキーを雪を名残惜しむように何度も滑った。

「スキーが上手になりたい」という思いもあるが何より「楽しむこと」が一番のような気がする。
寒い寒い雪の多い冬ではあったが、雪がなくなるとなると何となく寂しい。
「春夏秋冬」をそれぞれ楽しめるようになればいいな。

春がやってくる。
「春スキー」ができる場所もある。黒岳あたりにでも出かけようかな・・・
雪はもうすぐで溶けてしまうが、僕のスキー熱はまだまだ下がりそうにもないな。







posted by kage_laidback at 18:33| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。