2011年12月01日

やはり愛だろう!愛!!


誰しもが思うこと・・・
もし清志郎が生きていたらどんな心の叫びを聞かせてくれたのだろう。

少なからず清志郎の言っていたことは正しかったわけで
あれこそがロックなのだ!

斉藤和義もニューアルバムの中で「オオカミ中年」や「ウサギとカメ」でさらりと
反原発を歌ったいるわけで、やはり「ずっと嘘だった」は彼の心の叫びの一つだったのかもしれない・・・

果たしてこの世の中でいくつのアーティストが本当のことを歌ってくれているのだろうか・・・

うすっぺらな愛が必要か?そうじゃないだろう?もっと現実に目を向けようよ!

いまさら東電がさらりと格納容器の燃料は抜け落ちてコンクリートに溜まってます!
なんて言っちゃってんだぞ!そんなこと分かりきっていることだろう。
その状態がどのような状態なのか想像つく?
そのうちドンドン下がっていって・・・ドッカーンかも・・・

空は汚れ、海は汚れ、食うもんがなくなっていく・・・

本当のロックはこれだろう!これがロックで愛だろう!
それが本当のLove & Peace じゃないか!!

posted by kage_laidback at 15:21| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | nichijyo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック