2011年09月28日

大雪山系 黒岳 登山 Part1

大雪山系の紅葉が見頃であるとニュースで流れていた。
見事な赤の衣を纏った山の景色・・・

その次の日に黒岳で初冠雪とのニュース

冬はすぐそこまで来ていた・・・

秋の祝日残念ながら僕は仕事となり、
稀に取れない4連休も結局仕事で2連休となり
台風が来たりとお外遊びができないモンモンとした日々を送っていたのである。

しかも土日の家族そろっての2連休も天気予報では雨の予報だった。
天気にまでも見放されたのか・・・
土曜日の朝、いつもより遅く起きると天気は晴れ・・・・
天気予報に裏切られたのは言うまでもない。

なんだか山に行きたくなりまたもや「イキオイ」という登山計画が黙々と
頭の中で持ち上がり車を西に向けて走らせていた。

目指すは大雪山系黒岳。
ロープウェイとリフトを使えば7合目まで行くことができる。
まさに僕にピッタリなお手軽登山じゃないかということで・・・

普通登山は朝早く出発するものであるが、
僕らが黒岳ロープウェイに到着したのは14時。
それから黒岳の登山開始である。

「1時間くらいで登れるだろうし・・・」なんて、
またもや計画性のない登山計画で苦しむのだ・・・

秋、夕暮れは早い。17時を過ぎれば夕暮れで暗くなる。
リフトの最終が17時30分、ロープウェイの最終は18時。
まさにタイトなスケジュールでの登山となったのである。

今回のパートナーも長女そらと一緒。
次女と嫁はロープウェイ駅でお留守番なのだ。

CA340351-0001.JPG

7合目までは天気も晴れていて登山日和。
しかし7合目からはガスっていて何も見えない状態での登山開始となったのだ。

しかも前日の雨の影響なのか登山道がドロドロで酷い。
リフトで下山してきた人とすれ違う人たちが足下がドロドロだった理由がこれで分かった。
しかも今まで経験したことのない、大きい岩と木を歩く状態。
しかも下山のピークで次から次から下りてくる人たちを避けながらの登山。

R1063511.jpg

R1063513.jpg

景色も霧で見えなく「イキオイ」で登ってしまったことに後悔を感じていた。
山頂も期待できないだろう・・・下りてくる人に話を聞いてもガスっていて何も見えなかったというし・・・
それでも山頂のピークサインの前で記念撮影をしようとそれだけで登って行った。

R1063518.jpg

無謀な計画をたて「イキオイ」で登った僕らだが
やはり9合目から山の神様は微笑みを見せ始めていた・・・・






posted by kage_laidback at 10:52| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Yuru Tozan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。