2011年09月05日

現実に目を閉ざすもの・・・



無関心は「死」と同じことだと思う。

5年後の日本を想像してごらん

3・11以降『「メルトダウン」なんてしないわけない』って言い続けた政府だけど今では「メルトダウンどころかメルトスルー」しているのが事実。

今でもモクモクと高濃度の放射性物質を福島第一では出し続けている。

その現実を知らないのか、それともわざとに目を反らしているか
誰も今起こっている状態を理解しようとしていない人が多いように思う。

「直ちに影響はない」というのはあくまでも「直ちに」であって
5年後はどうなっているのか・・・

僕はボランティアに参加できない・・・
今起こっている状況を考えると何も出来ない自分にイラダツ。

それでも毎日のように繰り返される日常の生活を繰り返さなければならない

リピート・リピート・リピート・・・・

それでも「できると」といえば知ること。今起こっていることを知ること。

そして考えること。僕は僕なりの考えをのべること。
僕が知ったことを知ってもらうこと。
僕の考えを知ってもらうことだ。

目を反らしてはいけない。

地震・津波・原発に目を反らしてはいけない。
悲惨な映像ではあるが頭の中に事実として受け止める。
心を反らしてはいけない。

自然に逆らったて勝てるわけないのだ。
地震・台風・津波・竜巻・・・・

自然に逆らえることはできっこないのに逆らう。
もっと自然に対して謙虚でなければならない。
それを我々は知るべきであるし、それらに目を反らしてはいけない。

自分自身の生き方に目を反らしてはいけない。

目を反らすことは無関心と同じことであり「死」と同じことだ。

本当に「死」を意識したことがある人間ならば
アガイテアガイテ「生きるべきであろう」

映像はフィクションか?ノンフィクションか?
未来か?過去か?それとも現在か?

生きるためにアガク方法はいくらでもあると思う。
posted by kage_laidback at 14:38| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | NO NUKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック