2011年04月14日

『なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち〜』


毎日放送で2008年に放送されたドキュメンタリー
『なぜ警告を続けるのか〜京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち〜』

日本の原発に対して異議を唱えてきた京大原子炉実験所の研究者たち6人

いまの原発の事態を的確に答えてくれる小出教授たちのドキュメンタリーだ

教授達は日本の将来のためによかれと思って研究した原子力。

実は研究をすすめるにつれその原子力はとてもリスクの高い
パンドラの箱に気づいたというのだ。

これからの原発を考える。本当に原発は必要なのか・・・?





posted by kage_laidback at 06:38| 北海道 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | NO NUKES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この番組放送後、
関西電力は毎日放送への広告から手を引いた。
1ヶ月も。
これが糞電力会社のやり口だ!!
Posted by hoshiboo at 2011年04月24日 15:44
■hishibooさま

その事実も知っています。

「電気が足りない」なんて煽ってまったくのウソ
安全なんてまったくのウソ
地球に優しいなんてまったくのウソ

「ずっとウソだったんぜ」

すべての今までことがバレればいいのに・・・



Posted by kage at 2011年04月24日 18:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。