2009年09月25日

武佐岳・単独登山

中標津の街から見える山。武佐岳
その山は中標津を象徴する山である。

「僕がここに暮らしたい」と思ったのもこの山並みが素晴らしいと
思ったからだ。

しかし一度もその山を眺めるだけで、一度も登ったことはなかった。

ある日カーテンを開けると快晴。
何を思ったか単独で「武佐岳」に登ってみようと思ったのだ。

R1062376.jpg

登山入り口到着。ここで入山届けを書く。
本当はここよりもうちょっと先まで車で行くことが出来たのだ。
歩いて15分くらいの距離。このことを知っていれば
もうちょっと楽な登山が出来たのかも知れない。

林道を歩いているとようやく登山道へ。

R1062420.jpg

昨日降った雨で、登山道に小川が出来ている。
この小川の中を歩き、ズボンを濡らしながら歩く
(ゲーターはあった方がいいなとこのとき感じる)

R1062382.jpg

最初の山小屋までの道のりは普通の山道だった。
この山小屋で3合目

この山小屋を過ぎると一気にキツくなった。

口で息をする。
「なんでこんな苦しい思いをしながら登ってるんだ!なんで山なんかに登ろうと思ったんだ!」と自分自身を攻める。攻める。

それでも登って行く。

「あぁ〜!!もう疲れた!」とザックを投出しそのままどかっと座る。
息を整えまた登る。また「あぁぁぁ」ってなりザックを投げ出す。
そんな自分自身との格闘の山登りになった。

R1062385.jpg
R1062386.jpg

また背の高さほどの笹薮で登山道が分かりづらくなっている。
昨日読んだ「羆撃ち」の世界そのままだ。
「羆撃ち」の世界はこの山を挟んで向こう。距離にして10数キロ。
いつ「コンニチワ」されてもおかしくない状態だ。

6合目付近で朝から登ってきた下りてきたおじさんとすれ違う。
熊鈴をならし、そのオジサンの腰にはなんと「熊スプレー」
やはりそこまでしなくてはいけない山登りなんだ。

もし熊に襲われたら、持っているストックとナイフで戦うしかないだろう。
それでもダメならごめんなさいするしかないのだから・・・

8合目。ようやく開けた場所にでた。

R1062388.jpg

あともう少し!って思ったのが甘かった・・・
ここで最後のまた急登が待っていた。

自分自身を攻めながら登る。

9合目を過ぎたあたりで、両足の太ももに違和感が・・・
「痛い!」
ペースをあげてバテながら登ったのが災いしたのだ・・・

また自分自身を攻める

「何で・・・なんで・・・・」

太ももの痛みに耐えながら登っていると、開けた場所が・・・

R1062395.jpg

ようやく頂上到達。思わず「ヤッタァ〜」と叫び、
目からじわぁ〜と溢れ出るものが・・・・

本当に苦しかった。

R1062402.jpg

それでも頂上からの眺めは最高だった。
これは本当に登ったものへのプレゼントなのかも・・・
国後島が見え、野付半島が見え、中標津の街が見える。
今までの苦しさが一気に吹き飛んだ。

R1062401.jpg
R1062400.jpg

そしてJETBOILでお湯を沸かして昼食。
最高に美味い。

R1062413.jpg

1時間ほど休憩して下山開始。
心に余裕ができたのか花の写真まで撮った。

R1062417.jpg

「ゆる登山」なんて山ではない。どんな山でもキツイ。
山登りはやはり日頃の行いが試される場所なのだろう。
今回いつも不摂生な生活をしている自分が試された場所。

「もう山登りは辞めるか?」と聞かれたら多分「NO」と答える。

色々な山の頂上の風景を見たくなってきた。

近くの山でも良い。トレーニングをしよう。

最終目標は羅臼岳だ。

足の痛みを和らげるために買ってしまおうかな・・・
SKINSのタイツ・・・・


 【送料無料】SKINS(スキンズ)ロングタイツ【MENS】
posted by kage_laidback at 04:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Yuru Tozan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック