2009年07月14日

ゆる登山 in 藻琴山

「ゆる登山」というのが女性の間で密かなブームらしい・・・
最近は女性のためのアウトドアムック本も出版されて、
女性の間でアウトドアが人気なのかも・・・・。

『登山でダイエット』というのが本来の目的らしいが。
確かに有酸素運動を沢山して脂肪を燃焼させれば痩せるだろう。

「ダイエット」という目的ではないが「ゆる登山」という言葉僕は好きだな。
確かに僕はメタボでダイエットをしなければならないけれど、あの低くても登りきった達成感。
何となく最近分かるような気がする。

高い困難な山の頂を目指すのではなく、お手軽・簡単ぱっぱっと登山が僕にはお似合いだ。

そんなことを考えていたら、休日窓を開けると快晴!

気温もかなり高くなる予報。

こりゃ出かけるしかない!と急遽思いついて出かけたのが
藻琴山登山である。

藻琴山・・・屈斜路湖が一望できハイランド小清水から登ると
一時間と書いてある。

登る前に美味しい湧き水を手に入れて山頂で飲むコーヒーは
美味いに違いない!

R1062111.jpg

さっそく登山地図を見る。やはり簡単そうだ。

目的の湧き水を手に入れる

R1062109.jpg
R1062110.jpg

冷たくて気持ちいい!ナルゲンのボトルにいっぱい水を入れた。

さあ登山開始。

R1062113.jpg

細い山道を、松林のトンネルをくぐる様に突き進む。

1時間弱で登れる山なのだが、歩いて20分少々でヨメが遅れ始める。

まあ日頃運動不足なメタボな夫婦なので当たり前なのだが、
「もうダメ!」「ここで待ってるから先行って!」などと
あまりにもふざけたことを言い出すので、プチ夫婦喧嘩勃発!

そんなヨメを「あともう少しだから・・・」「あそこが頂上だから・・・」と
子供をなだめるような嘘をつき何とか歩かせた。

(やはりスニーカーじゃ限界だ・・・)

休憩を大幅にとりながら登る。

R1062115.jpg
R1062118.jpg

途中、開けている所があるのでそこからの屈斜路湖の眺めは最高だった。

花も綺麗に咲いていた。(花の名前くらい覚えておくもんだな)

また巨大なダイナミックな岩場も美しく僕ら夫婦を楽しませてくれた

R1062119.jpg

ガイドには1時間で登れるといった山道を1時間30分かけてなんとか登頂成功。

R1062130.jpg

登頂の達成感と、いつも見慣れているはずの屈斜路湖の別な顔が見られて最高だ。

さっそく頂上で水を飲みくつろぐ。

R1062124.jpg

R1062131.jpg

こんな標高のあまり高い山でなくても達成感は得られるものだ。

SOYJYOを食べておにぎりを頬張ろうと考えていたら
カミナリの音が・・・・

空を見上げると真っ黒い雲がこちらへ襲いかかろうとしていた。

R1062143.jpg

急いで下山開始!

雨に当たりたくない(天気予報は『晴れ』の予報で雨具を持っていない)のと、
カミナリに打たれたくない(カミナリに当る確率は低くてもやはり恐い)という様々な心理が頭の中でフル回転をはじめた。

「急げ!」「急げ!」という言葉が次々と口から飛び出す。

R1062144.jpg

登りは1時間30分もかかったのに下りは僅か40分ぐらい。

雨がぽつぽつと降ってきたが、ゴールのハイランド小清水の建物がようやく見えて来た。

駐車場につき、車に乗り込んだ途端、ポツポツだった雨が、大粒の雨となり、カミナリとともにやって来た。

R1062148.jpg

間一髪セーフ・・・

ラッキーなのかラッキーでないのかは、別にして雨でずぶ濡れにならずに済んだことは確かだ・・・・

(これは僕を雨男といっていいのか、それとも・・・)

ゆる山のゆる登山ではあったがやはり僕らにはまだまだ経験不足&体力不足が否めない・・・

ヨメにも良いトレッキングブーツを買い目指すは大雪縦走!?

それにはまだまだ時間がかかりそうな、僕らのゆる山ゆる登山だ。

『ゆる登山』
僕にはまた新たなる物欲への火種となるのか!?


ダナー (Danner) ウィメンズ・トレックブレイザー 06 DL-9880 送料無料

ヨメのゆる登山ブーツはこれにした!
ラベル:登山  和琴
posted by kage_laidback at 07:23| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Yuru Tozan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック